【清水南山】美術品の買取作家・取扱い一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

清水南山

清水南山
清水南山(1875~1948)

清水南山の作品を買取ります


清水南山は広島県出身の日本の彫金家です。
本名は亀蔵といいます。
日本画の大家、平山郁夫の祖母の兄で、少年時代の郁夫に画家になるよう勧めました。

東京美術学校絵画(日本画)科へ入学し、彫金科へ編入し、研究科へ進み加納夏雄、海野勝珉にその後塑像科で藤田文蔵にそれぞれ師事しました。
更に太平洋画会の夜間部に通い木炭画の技法を学び研究科修了後は独立して彫金に励みました。

奈良県法隆寺で古美術の研究に打ち込み、ふたたび上京して彫金を自営し、大正天皇即位式記念「金荘飾太刀」の装飾彫金担当であった岡部覚也が病没し、その代役に抜擢されて翌年に完成させ、一躍宮内からの注目を集めるようになりました。

また、東京美術学校の教授として学生の指導にあたり、後進の育成に尽力しました。

作風は伝統の技法を大切にした格調の高いもので、なかでも「梅花図鍍金印櫃」は代表的な作品です。

清水南山年表

1875年 広島県で生まれる
1891年 東京美術学校入学
1904年 太平洋画会夜間部に通う
1896年 東京美術学校卒業 研究科へ進む
1909年 香川県立高松工芸学校に勤務
1915年 香川県立高松工芸学校を退職
1918年 大正天皇即位式記念「金荘飾太刀」の装飾彫金の代役をつとめる
1919年 上京し、東京美術学校の教授となる
1927年 「御大礼御釼」の装飾彫金制作
1929年 靖国神社奉納燈篭二基
1934年 帝室技芸員
1935年 日本彫金会会長、帝国美術院会員
1937年 帝国芸術院会員
1945年 東京美術学校を退職
1948年 結核性腹膜炎の為73歳で死去

清水南山代表作

『唐獅子図手板』
『東海旭日文香炉』
『鳳凰文香爐』
『宝相華文水滴』
『十二神将図額』
『飛天文花瓶』
『昇龍図手板』

清水南山高価買取ならいわの美術にお任せください!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール