【荒木寛畝】掛軸・書画・版画の買取作家・取扱い一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

荒木寛畝

荒木寛畝
荒木寛畝(1831~1915)
江戸出身の明治時代に活躍した日本画家です。
旧姓は田中で、名は吉といい、幼名は光三郎で別号に達庵があります。

はじめは荒木寛快に画を学び、その才能を買われ荒木寛快の養子になり、山内容堂に認められ土佐藩の絵師になりました。
荒木寛快は江戸時代後期に活躍した画家で、美人画にその才能を見せていた事で知られています。
一方、山内容堂は土佐藩主として藩政改革を断行し、「公武合体」という政治運動を進めた事でも知られています。

山内容堂が亡くなってからは洋画に転向し、川上冬崖などに学び、五姓田芳柳、高橋由一と共に油絵三名家と呼ばれていました。
しかし、再び日本画に復帰すると洋画を学んでいた経験をいかし、南北合派に洋風を加味した写実的な花鳥画を築きあげ、得意とする堅実な画風で文展の審査員を務めるなど活躍をしました。

また、日本国内だけではなく海外でもその活躍を示しており、シカゴ、パリ、セントルイスの万国博覧会で受賞をしており、イギリスのロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ会員としても活躍しています。

荒木寛畝年表


1830年 江戸・芝で生まれる
1839年 谷文晁派の荒木寛快に入門する
1852年 寛快の養嗣子となる
1856年 山内容堂に認められ土佐藩の絵師となる
1872年 ウィーン博に出品した「菊花図」で受賞する
1887年 日本美術協会の重鎮として活躍する
1898年 東京美術学校教授をつとめる
1900年 帝室技芸員となる
1906年 英国ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ会員となる
1907年 開設の文展で第1回より審査員をつとめる
1915年 85歳で逝去

1830年 江戸・芝で生まれる

1839年 谷文晁派の荒木寛快に入門する

1852年 寛快の養嗣子となる

1856年 山内容堂に認められ土佐藩の絵師となる

1872年 ウィーン博に出品した「菊花図」で受賞する

1887年 日本美術協会の重鎮として活躍する

1898年 東京美術学校教授をつとめる

1900年 帝室技芸員となる

1906年 英国ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツ会員となる

1907年 開設の文展で第1回より審査員をつとめる

1915年 85歳で逝去


荒木寛畝代表作

紅葉瀑布図
紅葉瀑布図

『孔雀之図』
『鶏』
『波間孟鷲図』
『雪景』
『雉竹長春』

『孔雀之図』

『鶏』

『波間孟鷲図』

『雪景』

『雉竹長春』


七草之図
野菜市図 屏風
荒木寛畝高価買取ならいわの美術にお任せください!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール