【鏑木清方】掛軸・書画・版画の買取作家・取扱い一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

鏑木清方

鏑木清方
鏑木清方(1878~1972)
東京都出身の明治~昭和時代に活躍した浮世絵師・挿絵画家・日本画家です。
近代日本の美人画家として上村松園、伊東深水と並び称せられ、「西の松園、東の清方」と称されるほど、美人画の描写に優れています。
明治時代に古き良き東京の風景や下町風情を描いた作品は、水野年方の門下として学んでいた事もあり、浮世絵の流れをくんだ古風な作風でありながらも人物の容貌だけでなく、内面の心理まで描き尽くす高い描写力と技量が近代性と芸術性が見られると現在でも高く評価されています。
また、小説家・泉鏡花と出会い、挿絵を手掛けている事も有名です。

10代の頃から父親が設立した「やまと新聞」に挿絵を描いており、プロの挿絵画家として活躍していた鏑木清方は、第5回日本絵画協会展に大作を初めて出品した事で風俗画家として活躍をはじめるようになります。
仲間の画家たちと烏合会(うごうかい)を結成すると挿絵以外の絵を本格的に取り組むようになり、作品の発表の場としました。
その後も吉川霊華、平福百穂らと金鈴会を結成しますが鏑木清方自身、こうした会派、党派的活動には関心があまりなかったそうです。

戦争や震災などの災害によって鏑木清方が描き続けてきた明治時代の古き良き東京の風景は消えてしまいましたが、題材とするものは変える事なく、心の中に残っている東京の下町風情や当世風の美人を描き続けました。
そんな中、「三遊亭円朝像」という作品は鏑木清方の作品には珍しい壮年男性の肖像で、重要文化財の指定を受けています。
また、多くの門人も抱えていた事で知られ、門井掬水、林緑水、石井滴水、西田青坡、伊東深水、山川秀峰、寺島紫明、笠松紫浪、柿内青葉、川瀬巴水、小早川清、鳥居言人、古屋台軒、北川一雄らがいます。

鏑木清方年表


1878年 東京都で生まれる
1891年 浮世絵師の系譜を引く水野年方に入門する
1893年 年方より「清方」の雅号を授かる
1897年 第2回日本絵画協会共進会に出品する
1900年 第8回日本絵画協会、第3回日本美術院連合絵画共進会に出品する
1901年 梶田半古の研究会に出席し、前田青邨、小林古径を知る
烏合会を結成する
1902年 第5回烏合会展に出品する
1903年 都築照と結婚する
木挽町の自宅を紫陽花舎と名づける
1909年 第3回文展で初入選、褒状を受賞する
1910年 日英博覧会で銅賞を受賞する
1914年 第8回文展で二等賞を受賞する
1915年 第9回文展で二等賞首席となる
1916年 吉川霊華・平福百穂らと金鈴会を結成
1917年 第11回文展で特選第一席となる
1927年 帝国美術院賞を受賞する
1932年 聖徳記念絵画館の壁画「初雁の御歌」を制作する
1935年 日本橋三越で個展「明治風俗」を開催する
1937年 帝国芸術院会員となる
1940年 紀元二千六百年奉祝展に出品する
1941年 『こしかたの記』『四季しのぶ草』『風俗画技法』を刊行する
1944年 帝室技芸員に任命される
1945年 矢来町の自宅、戦火により焼失する
1948年 第4回日展に出品する
1954年 文化勲章を受章する
1972年 93歳で逝去

1878年 東京都で生まれる

1891年 浮世絵師の系譜を引く水野年方に入門する

1893年 年方より「清方」の雅号を授かる

1897年 第2回日本絵画協会共進会に出品する

1900年 第8回日本絵画協会、第3回日本美術院連合絵画共進会に出品する

1901年 梶田半古の研究会に出席し、前田青邨、小林古径を知る

00000年烏合会を結成する

1902年 第5回烏合会展に出品する

1903年 都築照と結婚する

00000年木挽町の自宅を紫陽花舎と名づける

1909年 第3回文展で初入選、褒状を受賞する

1910年 日英博覧会で銅賞を受賞する

1914年 第8回文展で二等賞を受賞する

1915年 第9回文展で二等賞首席となる

1916年 吉川霊華・平福百穂らと金鈴会を結成

1917年 第11回文展で特選第一席となる

1927年 帝国美術院賞を受賞する

1932年 聖徳記念絵画館の壁画「初雁の御歌」を制作する

1935年 日本橋三越で個展「明治風俗」を開催する

1937年 帝国芸術院会員となる

1940年 紀元二千六百年奉祝展に出品する

1941年 『こしかたの記』『四季しのぶ草』『風俗画技法』を刊行する

1944年 帝室技芸員に任命される

1945年 矢来町の自宅、戦火により焼失する

1948年 第4回日展に出品する

1954年 文化勲章を受章する

1972年 93歳で逝去


鏑木清方代表作

寶島臺
寶島臺

『一葉女史の墓』

『黒髪』

『築地明石町

『三遊亭円朝像』

『初冬の花』

千本桜のお里
鏑木清方高価買取ならいわの美術にお任せください!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール