【望月玉泉】掛軸・書画・版画の買取作家・取扱い一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

望月玉泉

望月玉泉
望月玉泉(1834~1913)
京都出身の幕末~明治時代に活躍した日本画家です。
本名は重岑といい、通称は駿三といいます。
祖父は望月派の祖・望月玉仙で、父は望月玉川です。
代々、御所に出入りを許され、御用絵を描いていた望月派の4代目として生まれました。

幼い頃から祖父と父に画を学び、従来の望月派の画風と四条派、岸派の画風の長所を取り入れた写実画を確立します。
パリ万国博覧会、内国勧業博覧会など国内外で活躍し、山水画、花鳥画で京都画壇に知られるようになりました。

京都御所造営の際は襖絵「有虞両妃図」を描き、明治天皇即位の際は「岩藤熊萩野猪図屏風」を献上した事でさらに名声を高めました。

また、幸野楳嶺らと京都府画学校を設立し、後進の育成に貢献しました。

望月玉泉年表

1834年 京都に生まれる
1845年 菊亭家に仕えながら遊歴しながら写生を行う
1855年 京都御所の造営で襖絵を描く
1878年 京都府画学校の設立に参加
1880年 京都府画学校の副教員として指導にあたる
1882年 内国絵画共進会展 褒章を受ける
1888年 平安百景会を主宰
1889年 パリ万国博覧会 銅賞
1891年 普通学校の教材として「玉泉習画帖」を3冊刊行
1896年 日本絵画協会 一等褒状
1904年 帝室技芸員 拝命する
1913年 死去

望月玉泉代表作

『岩藤熊萩野猪図屏風』
『湍淵遊鱗図』
『雪中芦雁図屏風』
『花卉鳥獣図巻』
『黒牛図屏風』

望月玉泉高価買取ならいわの美術にお任せください!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール