【下村観山】掛軸・書画・版画の買取作家・取扱い一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

下村観山

下村観山
下村観山(1873~1930)
和歌山県出身の明治時代後期~昭和時代初期に活躍した日本画家です。
菱田春草とともに日本画の革新を目指して近代日本画に大きな影響を与えた人物として知られ、狩野派の基礎に研究を重ねた大和絵の流麗な描線と色彩で気品のある作品を制作した事で知られています。

紀州徳川の能楽師・下村豊次郎の三男として生まれた下村観山は8歳の時に一家で上京します。
幼い頃から絵の才能があった下村観山は、はじめは狩野芳崖に師事し、北心斎東秀の号を授かります。
次に狩野芳崖の勧めで橋本雅邦に師事すると鑑画会に『雪景山水図』を出品した事でアーネスト・フェロノサに認められ、東京美術学校の第一期生として入学しました。
類まれなる描写力で同級生の中でも群を抜いていた下村観山は当時、東京美術学校の校長をしていた岡倉天心に期待されていました。
卒業後は横山大観、菱田春草、本多天城、西郷孤月らと共に帝国博物館古画模写事業に従事し、この頃から観山の号を使用するようになり、東京美術学校の助教授として後進の指導を行うようになりました。
しかし、岡倉天心が東京美術学校から排斥を受けると、下村観山も辞職し、日本美術院創設に参加します。

再び東京美術学校に教授として復帰する事になった下村観山は、文部省留学生としてイタリアへ渡り、大英博物館などでルネサンスの巨匠とされる著名な画家たちの西洋画の研究や模写を行いました。
こうして帰国した下村観山の作品は西洋画と日本画の表現を組み合わせたエキゾチックなものへと変化し、優美な色彩と線描の巧みさに更に磨きをかけていきます。
文展が開催されるようになると審査員に任命され、作品は政府買い上げとなりましたが、岡倉天心が亡くなると文展を退会し、横山大観らとともに日本美術院の再興に尽力し、更なる発展に貢献しました。

下村観山年表


1873年 和歌山県で生まれる
1882年 藤島常興、狩野芳崖に師事する
狩野芳崖の紹介で橋本雅邦に師事する
1889年 東京美術学校第一期生として入学する
1894年 東京美術学校を卒業し助教授となる
1898年 岡倉天心の辞任にともない連快辞職する
日本美術院創立に参加する
1901年 寺崎広業とともに美術院正会員のまま東京美術学校教授に復帰する
1903年 水彩画研究のためイギリスへ派遣される
1905年 帰国する
1906年 横山大観らと茨城県五浦に移転する
1912年 上京する
1914年 横山大観と日本美術院を再興する
1917年 帝室技芸員となる
1918年 帝国美術院会員に推挙されこれを辞退する
1922年 フランスサロン準会員となる
1928年 フランス政府よりコマンドール・カムボージュ勲章を受章する
1930年 58歳で逝去

1873年 和歌山県で生まれる

1882年 藤島常興、狩野芳崖に師事する

狩野芳崖の紹介で橋本雅邦に師事する

1889年 東京美術学校第一期生として入学する

1894年 東京美術学校を卒業し助教授となる

1898年 岡倉天心の辞任にともない連快辞職する

00000年日本美術院創立に参加する

1901年 寺崎広業とともに美術院正会員のまま東京美術学校教授に復帰する

1903年 水彩画研究のためイギリスへ派遣される

1905年 帰国する

1906年 横山大観らと茨城県五浦に移転する

1912年 上京する

1914年 横山大観と日本美術院を再興する

1917年 帝室技芸員となる

1918年 帝国美術院会員に推挙されこれを辞退する

1922年 フランスサロン準会員となる

1928年 フランス政府よりコマンドール・カムボージュ勲章を受章する

1930年 58歳で逝去


下村観山代表作

石鞏張弓
石鞏張弓

『弱法師図』

『小倉山』

『不動」』

『東海道53次絵巻』

下村観山高価買取ならいわの美術にお任せください!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール