悳俊彦の作品を買取ります【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

悳俊彦の作品を買取ります

2015.9.2

 悳俊彦の作品を買取ります


悳俊彦(いさお としひこ)は1935年生

洋画家で国際浮世絵学会会員の浮世絵研究家です。

悳俊彦は歌川国芳の研究において著書が多く定評があり、時代に伴う変化の多い武蔵野の自然風景を描き続けています。

空間を広く取り、夕焼けなどの色彩、グラデーション豊かな画世界と繊細な木枝の描写など、シンプルな手数の中に心地よさをもたらす画風が持ち味です。

 

悳俊彦のおもな経歴

1935年     茨城県に生まれる

1953年~1955年  示現会 日本水彩画会出品
1958年     武蔵野美大卒業
1964年     国際青年美術家展出品
1970年     日本橋画廊二人展、以後個展で作品発表
1983年     風土会入会



悳俊彦の買取について

左画像のような悳俊彦のサインと、悳俊彦の作品全体がわかるお写真を無料査定フォームより添えてお問い合わせくださいますと査定がスムーズです。写真を郵送でのお問い合わせもお受けしております。



悳俊彦のライフワークとしての武蔵野


武蔵野は国木田独歩も小説に描いたように東京でも自然を色濃く残す場所として知られています。

茶掛にも「武蔵野図」があり、今井景樹などが作品を遺しています。

武蔵野の画家が結成した風土会が行う風土展への思いを、悳はこう語っています。



「私たちの風土会は公募団体のように一年の成果を、たった一点ほどの出品作でなく充実した一年間の勉強をある程度まとまった点数で発表したいとの思いから誕生した会です。個々の会員は、一つの目標をもって制作に励んでいますが、私は滅びゆく武蔵野を描き続けており、すでに半世紀になろうとしています。

開発で急激に消えてゆく武蔵野を記録として残したいという思いと同時に、絵画としても秀れた不変的な作品を目標に、それは困難な道であることを承知の上で、今後も描き続けてゆきたいと思っています。」武蔵野は自然ばかりでなく大学もたくさんある学生の街でもあります。描くことを通して生涯学ぶという悳俊彦の心がけを胸にとめつつ、悳俊彦の作品を、お譲りくださいませんか?


「作家のサインはあるようだがこの絵は誰のものなのだろうか、大体いくらだろうか?」とお知りになりたい場合、ご所有の悳俊彦の作品買取先を探している、といった場合など、ぜひともいわの美術にお問い合わせくださいませ。


悳俊彦の作品のほかにも買取り可能な作品は多数ありますので、悳俊彦とあわせたご相談も大歓迎です。

塚越仁慈 多田博一、小田切訓、岡崎忠雄、林清納、鈴木延雄などの風土会の作家につきましても、無料で買取へ向けた査定を行っております。何なりとお問い合わせ下さいませ。

悳俊彦の情報

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top