片岡球子の作品買取ます【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

片岡球子の作品買取ます

2015.9.23

片岡球子の作品買取ます


明治、大正、昭和、平成という4つの時代を生き抜いた日本画家、片岡球子。いわの美術では片岡球子の作品買取を強化しております。


片岡球子は、鮮烈な色彩、大胆にデフォルメされた形、力強い筆使いの画風で知られる画家です。

北海道出身の片岡球子は、現在の女子美術大学で日本画を学び、卒業後は、小学校教師となり、教諭を務める傍ら制作活動を続け、展覧会に出し続けました。しかし、その大胆な構図や、色使いが画壇に受け入れられず、片岡球子の作品は「ゲテモノ」、片岡球子自身は「落選の神様」と揶揄され、なかなか成果が出せず、球子も思い悩んでいました。


しかし、片岡球子が師と仰いでいた日本画の大家である小林古径は、この時既に球子の才能を見抜いていました。小林古径は片岡球子に「あなたの絵はゲテモノに違いないが、ゲテモノと本物は紙一重の差~中略~あなたの絵を絶対に変えてはいけない」と叱咤激励し、それに励まされた片岡球子は、自らの個性としての画風を貫き通し、次第に人物画の解釈に新生面を開いたと認められるようになりました。

独自の画風貫いた片岡球子は、躍動感あふれる代表作「富士山シリーズ」や浮世絵師を題材とした「面構えシリーズ」は特に高い評価を受け、現在では日本画壇界に欠かせない重鎮的作家の一人とされています。




片岡球子の作品買取について


自身の信念に従った創作を続けた、日本画家 片岡球子の強烈な個性をみせる絵画は、荒々しい力強い筆致で派手な色彩を放ち、一度見たら忘れられないほどのインパクトを持っています。


横山大観など、多くの画家が日本の名峰富士を描いていますが、 片岡球子の描く富士山は青や赤や白い絵の具が激しく大胆に使い、花が咲き乱れた富士や赤く染まった華麗な富士など、躍動感や生命感に溢れる独特な雰囲気のある作品となっており、強烈な個性を放っています。

最晩年になっても片岡球子のパワーは健在で、78歳にして新たな裸婦シリーズに取り組み、100歳になってもなお描き続けました。

ゲテモノ呼ばわりされるほど強烈な個性と奔放さこそが、片岡球子の作品の核心であり、戦後の日本画家の中でも他の追随を許さない存在を特異なものとしていると評されています。


市場でも片岡球子の作品の注目度は非常に高く、特に富士山シリーズの肉筆油彩画に人気が集まっており、いわの美術でも積極的に買取を行っております。

ご売却をお考えの片岡球子の作品がございましたら、美術品買取実績豊富ないわの美術に是非ご相談下さい。

現在、片岡球子の公定鑑定は東京美術倶楽部が行っており、肉筆油彩画などの作品買取の場合、そういった公的機関の鑑定書がご一緒ですと、プラス評価となり、高価買取につながりやすくなります。 手放しても良いとお考えの片岡球子の木版画、肉筆画などがございましたら、高価買取もしているいわの美術に是非ご相談ください。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top