高麗青磁の買取を行っております【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

高麗青磁の買取を行っております

2015.10.30

高麗青磁買取ます

青磁と言えば中国というイメージが強いですが、高麗青磁は中国からの青磁の技術を導入して焼き始められた韓国の焼物で、中国の青磁とはちょっと趣向が違います。
高麗青磁は中国北宋時代の青磁・白磁に影響を受け、独特の落ち着いた青緑色の釉が生まれ、13世紀の元の支配下であった高麗で発達していきました。
特に素地に彫った文様に赤土、白土などを嵌入して制作する象嵌青磁は高麗青磁の代表作です。
この技法は青磁の本家である中国の陶工たちも象嵌技法を陶磁器に応用する技術を持っておらず、高麗の陶工たちが世界で初めて行った技法なのです。
また、高麗青磁の独特の青緑色は釉薬に3%の鉄分が正確に含まれていなければ出す事ができず、少しでも鉄分が足りなければ薄緑色になってしまい、逆に少しでも多くなってしまったら暗い緑色になってしまいます。
当時の高麗の陶工たちはこの技術を完璧に習得しておりましたが、日本に高麗の陶工たちがたくさん連れていかれてしまった事や、高麗に残っていた陶工たちの待遇が悪かった事などが影響して、高麗青磁の技術は一度失われてしまいました。


そんな高麗青磁は技術力や科学力が発達した現代でも完全に高麗青磁を再現する事は不可能だと言われています。
これは技術や釉薬の調合以外にも土の質や焼成場所なども影響している事が考えられ、科学では解明できない自然の力が働いているのかもしれません。
高麗青磁のご売却をしませんか?コレクションの処分、遺品整理など売却をお考えの高麗青磁がございましたら、しっかりと評価していわの美術が買取ます



高麗青磁の買取について

高麗青磁には古い時代に作られた高麗青磁と現代で作られた高麗青磁が存在します。
古い時代の高麗青磁は歴史的にも価値が高い事や、現存する数が少ない事から高価買取が期待でき、修復跡があっても価値ある高麗青磁として買取る事が可能です。
現代の高麗青磁は柳海剛(ユ・ヘガン)、池順鐸(ジ・スンタク)といった日本でも韓国を代表する青磁の作家として知られている陶芸家の作品は高価買取となるものもあります。
ちなみにこちらのお写真は柳海剛の作品です。


いわの美術では美術品、骨董品の買取に強く、年間に多くの買取実績を誇っています。
また、独自の流通ルートを持っており、その品物を心から欲しいという方がいらっしゃるため、高価買取も実現できるのです。
高麗青磁を査定してもらってがっかりしてしまった事はございませんか?高麗青磁は偽物も多く出回っており、鑑定には基礎知識がしっかりしていなければ正当な評価で買取る事はできません。
いわの美術では鑑定力に自信を持っていますので、ご売却をお考えの高麗青磁がございましたら、お電話、メールにてお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top