雅楽・打楽器【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

雅楽・打楽器

2016.6.14

雅楽・打楽器


雅楽に用いられる楽器は、管楽器弦楽器、打楽器に分けられますが、今回は、打物(うちもの)とも呼ばれる雅楽の打楽器について説明します。


雅楽に用いられる打楽器は、太鼓・鞨鼓・三ノ鼓・鉦鼓があり、それぞれ1人ずつの奏者が担当することになっています。

その他、国風歌舞や催馬楽では笏拍子という素朴な打楽器も使われます。


太鼓

太鼓には3種類あり、管絃では「楽太鼓」、舞楽では「大太鼓」、行進しながら演奏する「荷太鼓」があります。荷太鼓は、現在はほとんど使われていません。

楽太鼓は、正式には「釣太鼓」といい、直径約55cm、厚さ約20cmで、木の胴に皮を鋲で打ちつけ張ったものです。

釣太鼓は木製の芯に皮を巻いた先の丸いバチを両手に持って打ちますが、打ち方は強・弱の2通りで、前打音的に軽く打つことを「図」、強く叩くことを「百」といいます。


大太鼓は、直径約130cm、胴の長さが約100cmという巨大な両面太鼓で、演奏には正式な雅楽舞台を必要とするため、釣太鼓で代用されることが多くなっています。現代ではあまり使われない荷太鼓は、直径約80cmの締太鼓で、上部に2cmほどの棒を渡し、前後からこれを担ぐような構造になっています。


鞨鼓・三ノ鼓

鞨鼓(かっこ)と三ノ鼓(さんのつつみ)とも、演奏のテンポを決める役割を担うもので、唐楽では鞨鼓、高麗楽では三ノ鼓が使われます。

鞨鼓は、枠に皮を張ったものを長さ約30cmの円筒の両端にあてがい、紐で締めてある楽器で、これを台の上に設置して、先端が棗の実の形に模した2本のバチで両側から打ちます。

三ノ鼓は、鞨鼓よりもひと回り大きく、胴の中央部が細くくびれています。1本のバチを右手に持ち、片面のみを打ち、リズムにしたがって強弱を打ち分けます。 


鞨鼓は管絃と左方の舞楽で用いられ、三ノ鼓は右方の舞楽で用いられます。 鞨鼓も三ノ鼓も、演奏の速度を決めたり、終わりの合図をする役目を担う指揮者のような存在であるため、楽長などの経験豊富なベテラン奏者が担当することになっています。


鉦鼓

鉦鼓(しょうこ)は雅楽の中で唯一の金属製の楽器です。

鉦鼓・大鉦鼓・荷鉦鼓の3種類があり、いずれも本体は皿のような形で、これを木の枠に吊り下げてあります。


バチは先端に丸い水牛の角がついた細長い木の棒で、両手に持ち、片方だけで打つ奏法と、両方を続けて打つ奏法の2つの奏法があります。


笏拍子

笏拍子(しゃくびょうし)は、平安時代から公家社会の正装とされた「束帯」の際に、手に持ったのが「笏」で、笏を2つに割った形になっているのが笏拍子です。


これを両手に持ち、打ち鳴らしてリズムを取る楽器です。 国風歌舞などの演奏で、歌の独唱者が笏拍子を打って、速度を決めます。


~和太鼓の買取はこちら~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top