雅楽・弦楽器【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

雅楽・弦楽器

2016.6.14

雅楽・弦楽器


雅楽に用いられる楽器は、西洋音楽と同じように管楽器、弦楽器、打楽器に大別されますが、今回は、弾物(ひきもの)とも呼ばれる雅楽の弦楽器について説明します。


雅楽の弦楽器では琵琶と箏があげられますが、分散和音的な奏法でリズム楽器の役割を果たし、メロディーを演奏することはありません。


楽琵琶

雅楽での琵琶は、薩摩・筑前・平家などのその他の俗琵琶と区別するために、楽琵琶(がくびわ)と呼ばれます。シルクロードを通じて、奈良時代に日本に伝わったとされています。


楽琵琶は、リュートとギターとルーツを共にするとされる楽器で、弦は4本、背の高い柱(じ)が4つ付いています。楽琵琶の腹板(表板)は沢栗・タモ、槽(裏板)は花梨・桑などが用いられ、その他、黒檀・紫檀・黄楊・檜・象牙などを組み合わせてつくられます。


楽琵琶の撥は、他の琵琶の撥のように角がとがったものではなく、しゃもじのように角が丸いものです。楽琵琶の撥は俗琵琶よりやや小さく、材質は黄楊でつくられます。楽琵琶の弦は絹糸で、リズム楽器として管弦と催馬楽でのみ使用されます。


楽箏

雅楽の箏は、生田流や山田流などの俗箏と区別するために楽箏(がくそう)と呼ばれます。


楽箏は、現在も広く愛好されている箏の原形とされ、現在の箏とほとんど概要は変わらず、本体は桐でつくられ、絹糸の13本の弦を張り、柱をたてて調律し、右手の親指、人差し指、中指に爪をはめて弦を弾いて演奏します。


現代の箏との違いは、楽箏の弦が少し太めで、指にはめる爪が異なり、竹の節を小さく削り出したものを使っている点と、柱が紫檀などでつくられている点で、現代のものと比べるとやや地味な音色です。琵琶と同じく「楽箏」もリズム楽器で、管弦と催馬楽でのみ使用されます。


和琴

楽琵琶と楽箏は、管弦と催馬楽でのみ使用されますが、国風歌舞では構造や奏法が箏と異なる「和琴」が用いられます。和琴は、楽箏が伝来する以前から国内に存在した琴(きん)の系統に属する、日本起源の楽器です。琴は古事記などにもたびたび現れ、特別な意味を持つ神聖な楽器として扱われていたことがわかります。


和琴の本体は、古くは榛や檜も使われたようですが、現在は主に桐が用いられています。弦は絹弦で6本、柱は天然の楓の枝の中から二股になった部分を切ったものがそのまま使われます。鼈甲でできた、琴軋(ことさき)というピックのようなものを使って弦を弾いて演奏します。 

本来の琴は、箏のような柱を用いず、左手で弦をおさえて音程をコントロールする仕組みですが、雅楽の和琴に限っては、箏の影響を受けたため柱を用います。

和琴は、古来「天皇の楽器」と呼ばれるほど楽器としての地位も高く、宗教的な意味のある重要な楽器として、純日本歌曲である国風歌舞にしか使用されません。


~琵琶の買取はこちらへ~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top