ヴィンテージカメラ~日本・ハンザキヤノン【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ヴィンテージカメラ~日本・ハンザキヤノン

2016.3.11

ヴィンテージカメラ~日本・ハンザキヤノン

ハンザキヤノン Hanza Canon (1936年)

ハンザキヤノンは、日本初の35mmカメラとして1936年2月(1935年10月説もあるが、詳細は不明)に、現在のキャノン(Canon)がつくったものです。当時は「精機光学」という会社名でした。


Canonの前につけられたHanza(ハンザ)は、老舗の写真用品会社である近江屋写真用品株式会社のブランド名(商標)です。当時の精機光学は、販売ルートを持たなかったため、近江屋写真用品という会社を通じて、カメラを販売したため、そのブランド名をキャノンの前につけたわけです。


ハンザキヤノンは、日本初のレンズ交換可能な連動距離計を内蔵した、全金属製35mm判フォーカルプレーン・シャッター式カメラで、現在、日本を代表する大企業のひとつであるキャノンのルーツともいえるカメラです。


ハンザキヤノンは、日本がまだカメラ製造技術を主にドイツから、必死に学んでいた時代に手掛けた高級カメラで、国産カメラを代表する名機のひとつとして、日本のカメラ史を語る上で、絶対に欠かすことのできないカメラといわれています。


当時、映写技師であった吉田五郎氏が、精機光学研究所で開発・製造を手掛け、ライカDII型を分解して、内部機構を研究し、独自のアイデアを盛り込んで試作機Kwanon (カンノン)をつくりあげました。その後、さらに改良を重ね、1935年末に最終的な量産モデルキャノン標準型が完成し、ハンザキャノンとして世に発表されました。

稀にHanzaの刻印のないモデルがあり、これはオリジナル・キャノンとよばれ、区別されますが、中身は同じものとされています。


ハンザキヤノンのデザインは、ライカに似ていますが、ボディ断面は8角形、レンズマウントは独自のパヨネット式、ファインダーは使用時にボディの上方にバネで飛び出すという独特の方法をとるなど、あらゆる点でライカの特許に抵触しないように、回避する策がとられています。このボタン操作で飛び出すファインダーは、「びっくり箱」とよばれて親しまれました。


また、ハンザキヤノンのレンズには、日本光学(現:ニコン)製のニッコール(NIKKOR)というレンズが付けられていました。 当時、精機光学はレンズを製造する技術を持っていなかったので、装着するレンズは大日本帝国海軍御用達の日本光学から調達されました。

ハンザキャノンにはニッコール50mmF3.5が装着されており、現在も通用する鮮明な描写を写すそうです。製造台数は、約1100台ということで、ヴィンテージカメラマニアには、垂涎の的となっています。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top