ヴィンテージカメラ~日本・ズノー【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ヴィンテージカメラ~日本・ズノー

2016.3.11

ヴィンテージカメラ~日本・ズノー


ズノー Zunow(1958年)

ズノーは、数ある国産一眼レフカメラの中でも特別な位置を占めるカメラで、世界で初めて、レンズの絞り制御を完全自動式とした、カメラ史上に残る傑作といわれています。

このズノーの自動絞り機構は、ズノーマチックと呼ばれ、反射ミラーのクリックリターン動作にも完全に連動しているもので、その後の一眼レフカメラの必須となった機能です。


また、ズノーカメラの発売に先駆けて、当時ズノーの開発元であった帝国光学(1930年創立)は、世界で初めてF1.1の明るさを持つズノー50mmレンズを1953年に発売し、世界の写真レンズ開発市場にも金字塔を打ち立てています。


専門家によると、ズノーはダブルコンデンサー方式を採用したファインダー光学系により、スクリーンは明るい上に、ピントの山がつかみやすくい、一眼レフカメラに必要な基本的な機能を完備しているカメラです。


また、シャッターは、一軸不回転式である上に、全速中間シャッターが使用可能で、巻き上げレバーによるスムーズな巻き上げ、巻き戻しクランクによる迅速な巻き戻しが可能と、使い勝手もたいへん良いカメラです。

このように、ズノーは、現在の一眼レフカメラとほとんど違和感のない操作が可能なカメラといえますが、さらに、端正で上品なデザインであったことも、マニアにとっては魅力となっていました。


帝国光学は、ズノーカメラの発売にあわせて、ズノー光学と改名し、1958年の東京三越本店で発表会を大々的に開催し、華々しいデビューを飾りました。

それと同時に、積極的な発売を計画しており、ズノーの交換レンズとしては、当時の一眼レフ用としては世界最高の明るさを誇る58mmF1.2や、50mmレンズとしては国内最高の明るさの50mmF1.8などが、その後の積極的販売計画として用意されていました。


しかし、販売開始直後から、カメラの巻き上げ機構部などのトラブルが続出し、約500台販売したズノーカメラのうち、約300台が返品・廃棄されたといいます。

こういった経緯から、ズノーカメラは短命に終わり、後継機も開発されませんでした。


現在ズノーカメラは、百数十台ほど現存するといわれていますが、滅多に市場にも現われず、世界的にも珍しいカメラとして、市場でも高値で取引されています。

また、ズノーの交換レンズも稀少価値が高く、特にズノー58mmF1.2の現存数は数本といわれており、一級のコレクターのみが手にすることのできる非常に価値の高いものとなっています。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top