球体関節人形の買取【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

球体関節人形の買取

2017.1.8

球体関節人形の買取

皆さんは、球体関節人形というのをご存知でしょうか?

球体関節人形は、その名の通り関節部分が球体になっていて自由なポーズをとらせる事が出来る人形の事です。

現在世の中に出回っている球体関節人形は、本当の人間と見間違えてしまうような華麗な作品が多く、美しい反面どこか妖しさも兼ね備えています。

その美しさに魅了された方は多く、現在中古市場でも人気を博しているお品物となっています。

現在のような美しい球体関節人形を最初に広めたのは、画家、グラフィックデザイナー、写真家、人形作家など多方面で活躍していたドイツ出身のハンス・ベルメールと言われています。ハンス・ベルメールが1930年代中頃に、等身大の創作人形を制作・発表し、これを日本の小説家の澁澤龍彦が雑誌で紹介した事で、球体関節人形が日本に知られるようなりました。現在、球体関節人形を作っている作家も増え始め、お品物によっては高価買取も期待出来ます。球体関節人形の処分をお考えでしたら、是非一度いわの美術までお問い合わせ下さい。



アンティーク人形の買取

上記でお話しした球体関節人形は、石粉粘土、素焼きなど様々な素材で作られていて、その中でも陶器でつくられたお品物は「ビスクドール」とも呼ばれてます。

ビスクドールは、1840年~1930年という短い期間の製作で、現在では作られていない事から希少価値が高く中古市場でも人気の高いお品物となります。

ビスクドールのように歴史がある人形をアンティーク人形と呼び、これらは現在作られていなく、残っている人形はなかなか少ない事から中古市場でも人気が高いお品物となっています。

しかし、古い時代に作られたアンティーク人形は、綺麗な状態で残っている事が少なく、買取では状態が重要なポイントとなっています。

現在アンティーク人形をお持ちで、まだ売却を考えていない方でも、いずれ売却するとなると状態により査定額が左右されますので、保管には十分気を付けてください。色褪せやシミ、カビ、破れや破損などありますと、査定額がマイナスとなってしまいます。

日頃から、汚れを拭いたり日が当たる場所に置いたりしないなど、きちんと管理する事をお勧め致します。

アンティーク人形の査定では確かな目利きが必要となりますので、ご売却をお考えのお品物などございましたら、買取実績の豊富ないわの美術までお問い合わせ下さい。


その他買取可能なアンティーク人形

ビスクドール(ジュモー、ブリュ、アーモンド・マルセル、モリムラ)など

ソフビ人形(ペコちゃん、仮面ライダー、怪獣、マジンガーZ)など



~西洋美術・アンティークの買取はこちらへ~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top