金子國義の作品のお買取致します【2018年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

金子國義の作品のお買取致します

2018.1.23

 

金子國義の作品のお買取り強化中です!

 

 作家  

 金子國義

作品目 お嬢さん(リトグラフ集)

 

いわの美術では金子國義の作品の高価買取に力を入れています。

金子國義はルイスキャロル著「不思議の国のアリス」の挿絵を始め油彩、イラスト、着物デザイン、写真など制作は多岐に渡り幅広い分野で才能を開花させたアーティストです。

シャープな描線とどこか退廃的で洗練された金子國義独特の作風を目にしたことがある方は多いかと思います。

熱狂的なファンの多い金子の作品は需要が高いため高額でのお買取りが見込めます。

骨董品・美術品のご売却はいわの美術にお任せください!



 金子國義とは

 略歴 :金子國義(Kuniyoshi Kaneko)   

金子國義は1936年に埼玉県蕨市で織物業を営む家庭に生まれました。

絵を描くことが好きで2歳にしてクレヨンで夕焼けの景色を巧みに描き母を驚かせたといいます。また、家業の影響もあってか11歳の時に催された学芸会の際には自らの衣装をデザインするなどこの頃から美意識の高さやファッションへの興味が伺えます。

そして1951年からはバレエ公演を観劇したことでバレエ教室に通い、ヨーロッパ映画に登場する洗練されたファッションに夢中になり1959年日本大学藝術学部に入学。同時期に歌舞伎舞台美術家長・坂元弘に師事し舞台美術を経験します。

 

大学卒業後はグラフィックデザイン会社に勤務するも3ヶ月で退社した金子は、

日々生活を送るうちに暮らしていた部屋の壁が殺風景なのが気になり、鑑賞用の絵が欲しくて独学で油絵を描き始めました。

このスタイルは晩年も変わらず、金銭の為ではなく眺めるために絵を描き完成したものは部屋に飾っていたそうです。

 

フランス文学者の澁澤龍彦の依頼により『O嬢の物語』の挿絵を手がけ、澁澤の勧めによって銀座の青木画廊で個展「花咲く乙女たち」を開催し画家としてデビューしました。

その後「不思議の国のアリス」の絵本を1974年に発表し金子の名は広く知られるようになります。そして可愛らしくもどこか毒々しいアリスは金子の代表的なモチーフの1つになっていいきました。

その後雑誌「ユリイカ」「婦人公論」の表紙、「富士見ロマン文庫」の挿絵などを多く手がける他服飾、写真等その活動は多岐に渡ります。

金子作品の特徴的な目鼻立ちのはっきりとした華奢な少年少女の創り出す幻想的な世界観に魅了されたファンは数多く、現在も高い人気を誇っています。



 高価買取のポイント

 
リトグラフのお買取りの場合は作家知名度・市場需要 技法状態が重要なポイントとなります。

金子國義の活躍は多岐に渡りファンも非常に多く存在するため高額でのお買取りが期待できます。さらに作品が肉筆画や原画である場合や、金子と親交のあったL`Arc〜en〜Cielのボーカルhydeとのコラボレーション作品ですと、流通量の少なさから希少価値が高まるためさらにプラスの査定となる可能性が高まります。




 おわりに 

 

只今、いわの美術では金子國義のリトグラフのお買取りに力を入れています!

お買取り価格は状態や市場相場などによって変動致しますが、シミや日焼けなどがある場合もお買取り可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

弊社所属の専門の査定員がお客様の大事なお品物を拝見させていただきます。

 


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top