松井天狗堂の花札のお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

松井天狗堂の花札のお買取り致します

2017.5.6

松井天狗堂の花札の買取致します

只今いわの美術では、松井天狗堂の花札(花かるた)のお買取りに力を入れています。


松井天狗堂は、日本で唯一の手摺り花札(花かるた)の製造工房でしたが、後継者不在のため2010年に閉店してしまった京都の老舗店です。


現在は、在庫などもなく販売しているのはオークションのみで、希少価値が高いお品物です。中古市場でも人気が高いため高値での買取が期待されています。


松井天狗堂は1897年(明治20)に松井重次郎によって創業されたあと、3代松井重夫まで100年以上、かるたや花札を作り続けました。

花札と聞くと賭け事のイメージが強いかと思いますが、松井天狗堂の花札には熱心なコレクターがいて、実用品というよりも鑑賞用とし買い求める方が多くいます。上に載せた写真の松井天狗堂の花札の絵は手摺独特の優しい風合いと、金箔が貼られていて風格があります。


松井天狗堂の花札を作るには、生地作り、切断、裏貼りなどの工程があります。絵の染織などの生地作りには3日、裏張りは1日に800枚で150組作るのに10日も要するほど大変手間のかかる作業です。最後の後継者である3代目の松井重夫が、高齢の体で作り続けてきたことに頭が下がります。


残念ながら、2016年に松井重夫が亡くなり、後継者が途絶えてしまった松井天狗堂ですが松井重夫が生前にライバル会社であった大石天狗堂に技術を教えていたそうで、これからも松井天狗堂の技術は引き継がれていくことでしょう。

松井天狗堂の花札のお買取りについて

松井天狗堂の花札にはいくつか種類があり、その違いによって金額も差がございます。裏が黒や赤、絵の背景が金箔であるものなどがあります。また1級品と2級品があり、花札の裏に1や2と書かれています。箱や栞などの付属品の有無によっても査定の評価が変わってきますので、売却の際は一緒にしておくことをおすすめ致します。

お手元に松井天狗堂の花札がございましたら、いわの美術にご連絡下さい。無料で査定させて頂きます。


いわの美術では、花札以外にも、象牙の麻雀牌など、その他ホビー、玩具用品もお買取り致します。

お電話でもメールでも査定は無料ですので、お気軽にご相談下さい。


~松井天狗堂の買取についてはこちら~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top