古地図のお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

古地図のお買取り致します

2017.8.15

    古地図のお買取りを積極的に行っています!   



( 作品名:九州之図  / 出版元:文錦堂版 / 時代:江戸時代 )



古地図とは     

古地図(こちず)とは読んで字のとおり作成年代の古い地図のことを指します。

いつの時代からが古地図なの?と疑問に思われる方も多いと思います。

辞書によれば特に定義はないようですが、中古市場では主に江戸以前から明治、大正、戦前、戦後までの地図が対象となります。世界で有名な地図はメルカトル図法による世界地図、日本で有名な地図といえば日本全土を歩いて距離を計り作成された伊能忠敬の『伊能図』ですよね。

伊能図は天文学と測量技術を応用し作成したもので、土地の高低などは図られていない為正確とはいえないものの従来の地図から飛躍的に進歩したものでした。

 

最古の地図     

世界最古の地図は紀元前6世紀につくられたものと言われているバビロニア(現・イラク)の粘土板の世界地図です。しかし近年バビロニアの粘土板よりも古い地図として話題になっている地図があります。それは、マンモスの牙に描かれた『パブロフ図』です。

このパブロフ図、なんと、紀元前2万5000年のものです。一見模様にも見える図であるたため、パブロフ図が地図なのか否か議論が別れているようですが、マンモスの牙にどのように模様(地図)を施したのか、なぜそれを記す必要があったのかなど想像するだけでも楽しいですね。

日本最古の地図は『田図』という645年の大化の改新の際に土地の測量の為に作られたものが最古のものとされていますが現存していません。現存するものでは751年作成の『東大寺領近江国水沼村墾田図』が日本最古の現存する地図のようです。

 

地図によってもたらされたもの   

地図によって人々は世界を俯瞰して客観的に見つめることができます。

「銃よりも地図が、より多くの土着の土地を奪ってきた」と地理学者バーナード・ニーチマンが述べるように政治的に利用されることも多々ありました。このように国家レベルの研究に用いられることもあれば、小さな子供が地図を眺めることで夢や目標を抱くこともあります。地図の普及と共に我々の生活は豊かになったと言っても過言ではないでしょう。そんな社会と密接に結びついた奥の深い地図の虜になるコレクターは多く、需要の高い部類のお品物です。




       古地図の価値       


  • < 美術品的価値 >

時代によって制作方法やデザインが変わるため芸術作品のように美術的価値があるといわれています。江戸時代のものになると浮世絵のように版画で印刷され、鮮やかな色彩と独特の風合いがあるため古地図をインテリアとして飾る方もいるようです。


  • < 歴史的価値 >

古地図は時代を反映します。今は無き風景、歴史を地理の視点から解明することが多々あります。こうして資料としても活用されている地図は歴史的価値があるといえます。




        古地図のお買取りについて       


古地図のお買取りで重要なポイントとなるのが、状態と希少性です。

また、制作年代によっても大きくお値段が変わってきます。手書き・手彩の古地図ですと希少価値も高く高額でのお買取りが期待できます。

鳥瞰図、世界地図、鉄道地図などもお買取り対象ですので、ご売却をお考えでしたらお気軽にお問い合わせください。買取実績豊富な専門の査定員がお品物を拝見させていただきます。

お買取り価格は、お品物の状態や市場価格などで変動致しますのでご了承ください。

出張買取やお持ち込みでのお買取りも致しておりますが、完全予約制ですので一度弊社へお電話でのご連絡をお願い致します。また、お買取りできない場合もございますのでご了承ください。





  → 骨董品のお買取りはこちら ←  



お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top