サルバドール・ダリの作品のお買取り致します【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

サルバドール・ダリの作品のお買取り致します

2017.11.25

 サルバドール・ダリの作品のお買取強化中 

 

 

作家名 サルバドール・ダリ
技法 シルクスクリーン
エディションナンバー 88/250 


サルバドール・ダリと聞いてどろどろに溶けた時計が描かれた作品「記憶の固執」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

その名を知らない人はいないと言っても過言ではないシュルレリアリスムの代表的な画家であるダリの作品はその知名度と共に中古市場でも高い人気を誇っています。

 

骨董品・美術品のお買取りは いわの美術 にお任せください!

 骨董品・美術品のご売却をお考えでしたらお気軽にお問い合わせください。 

お問い合わせはお電話メールLINEにて承っております。

(営業時間 9:00~19:00 年中無休)

      

フリーダイヤル:0120-226-590



 高額買取のポイント

  • 人気のモチーフ

サルバドール・ダリの人気のモチーフは「女性」と「溶けた時計」です。
ダリに限らず絵画全般にいえることですが、肉筆の油彩画などは直筆でかつ一点物ということで高額でのお買取が期待できます。
版画作品などは肉筆と比較すると安価にはなってきますが、作家の代表作人気のモチーフですと高額でのお買取りも十分見込めます。

  • サインの有無

直筆のサイン保証書などがあると高額買取に期待ができます。
サインの有無は作品価値を左右するだけでなく、真贋を見極めるのに非常に重要なポイントです。作品の下部や、共シールなどにタイトルと共に記されています。版画と共に刷り上げられているサインは、直筆サインよりも低い評価となる場合が多いです。また、本人直筆と思しきものでも、作家死後に家族や版元がサインを入れたものである可能性があります。この場合も評価は直筆サインに比べ低い評価となります。

  • 技法(版画作品)

ダリの版画作品ではリトグラフやシルクスクリーンよりも銅板画作品が高額買取となる場合が多いです。
銅板画はリトグラフやシルクスクリーンなどと違い、手間がかかり刷られる数も少ない為非常に貴重なお品物としてプラスの査定となる可能性が高いです。


 

 作家について:ダリの略歴と3つの転機

  • 第1の転機 「兄とキリスト」

サルバドール・ダリは1904年スペインのフィラゲスに生まれました。 

ダリの生まれる9ヶ月前に亡くなった「サルバドール」と名付けられた兄がおり、両親は長兄の亡くなった数か月後に生まれたダリを、長兄の生まれ変わりだと信じ同じ名前をつけたそうです。

この出来事はダリに大きな影響を与えました。

イエス・キリストのように死後復活した自分は他人とは違う、価値のある人間だ」と思ったそうです。サルバドール(Salvador)とはポルトガル語で「救う者」という意味をもち、イエス・キリストを指す語でもあるため余計にそう感じたのでしょう。

そして、このときの兄やキリストと自分を重ねた経験がダリの奇抜な絵画で頻繁に用いられている「偏執狂的批判的方法(ダブル・イメージ)」というだまし絵的手法の原点だったのかもしれません。


  • 第2の転機 「シュルレリアリスム」

そして、絵画に興味を持ったダリは6歳の頃から油彩画を描きはじめ、パブロ・ピカソの友人である画家のラモン・ピジョットからその才能を認められていました。

1916年12歳でデッサン学校に通い1922年にマドリードの国立サンフェルナンド美術学校に入学し、詩人フェデリコ・ガルシーア映画監督のルイス・ブリュエルと出会います。

イタリア画家のジョルジョ・デ・キリコなどの影響を受けながら創作活動に励んでいたダリは、1925年にマドリードの画廊で初の個展を開催します。

その後パリへと渡りシュルレリアリスムの中心人物であるピカソミロマグリッドなどに出会い影響を受けました。

中でもピカソを「ベラスケス以来の偉大な画家」と敬愛しており、30通もの手紙を送っていました。手紙の返信は得られなかったものの、ダリはピカソから飛行機代などの金銭的援助を受けていたようです。

1929年にシュールレアリスムのグループに所属し自身の作風を確立していきますが、

そんなダリに人生最大の転機が起こりました。


  • 第3の転機 「妻・ガラとの出会い」 

ダリの最大の転機とは、当時シュールレアリスムの詩人であるポール・エリュアールの妻であるガラとの出会いです。

一目ガラを見た瞬間に恋に落ちたダリの猛アプローチの末に交際がスタートし、そしてガラがエリュアールと離婚した後の1934年に結婚します。

ダリのミューズとしてガラは度々作品のモデルとして登場します。1930年代初期の作品にはダリのサインの他にガラの名前が入っているほどダリにとってガラの存在は大きなものでした。

精力的に活動を続けたダリはヨーロッパやアメリカで成功を納め一躍人気画家として世界中にその名が知れ渡りました。

奇行と共に世間の話題に上ることの多かったダリは6歳から70歳の後半まで絵画、彫刻、版画、舞台装置や衣装のデザイン、映画制作幅広い分野で表現し、才能を発揮しました。

 


 作家の特徴:「超偏執的批判方法」とは


ダリの確立した「超偏執的批判方法」とは2つの異なるイメージを重ね合わせる隠し絵(ダブルイメージ)手法のことで、ダリはこの手法が用いられた作品で高く評価された画家です。

代表作である「ナルシスの変貌」では湖畔を覗き込む2体の巨人と卵をつまむ指のダブルイメージ手法が用いられています。

 



 おわりに 

現在いわの美術ではサルバドール・ダリの版画作品のお買取りを強化致しております。

ご売却をお考えのお品物がございましたらぜひ一度弊社までご相談くださいませ。

買取実績豊富な査定員がお客様のお品物を拝見し、しっかりと査定させていただきます。

ご質問・お買取りのご依頼などがございましたらお気軽にお問い合わせください。


…おまけ豆知識…

多くの人が子どもの頃に一度は食べたであろう人気棒付キャンディ「チュッパチャップス」ロゴデザインを手がけたのはダリなんです。本当に幅広く活躍していたんですね。

 

 

 

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top