吉田美統の九谷焼のお買取り致します【2018年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

吉田美統の九谷焼のお買取り致します

2018.1.18

 

吉田美統の九谷焼のお買取り致します!

 

   作家名   

 吉田美統(よしだみのり)

作品名 金襴手花唐草文 馬上盃



 吉田美統について

吉田美統 Minori Yoshita

吉田美統は1932年に石川県小松市で生まれました。

1906年から100年以上の歴史をもつ九谷焼上絵付を専業とする錦山窯の二代目を父にもち、

高校在学中から陶芸を学び始め、卒業後の1951年には家業である錦山窯の三代目を継ぎ九谷の伝統的な技法を習得しました。

1962年からは武蔵野美術短期大学の特修生として工芸デザインを学びさらに磨いてゆきました。

初代から金襴手などの絢爛豪華な金彩での絵付けを得意としてきた錦山窯の伝統技法と意匠は九谷焼の中でも異彩を放っており、吉田美統は釉裏金彩の技法を研究し花や蝶などをモチーフとした独自の作風平成13(2001)年に国指定重要無形文化財「釉裏金彩」の保持者(人間国宝)の認定を受けています。

 

吉田美統が釉裏金彩技法を始めたきっかけは陶芸家・加藤土師萌の遺作展覧会で繊細優美な釉裏金彩作品に感銘を受けたことでした。自らも釉裏金彩技法を用いた作品作りをすることを決意し、釉裏金彩の技法を高め現在もその技術は四代目へと受け継がれています。

 

日本伝統工芸展 高松宮記念賞、日本陶日協会賞、日本伝統工芸展保持者受賞するなど数多くの賞を受賞し、これまでの功績により平成13(2001)年に紫綬褒章と平成18(2006)年に旭日小綬章を受賞しています。



 高価買取のポイント

高価買取のポイントとしては作家知名度、技法、お品物の種類がポイントとなります。

吉田美統は錦山窯の三代目として高い技術力を保持し多大な功績により人間国宝に認定されており作家知名度は大変高い作家です。

また、人気のお品物は代表的な技法である「釉裏金彩」の用いられた飾皿、花瓶、壺などの大型作品です。

「釉裏金彩」は極めて難しく手間のかかる技法の一つで、上品な器地に繊細な金箔の花文様はため息の出るような美しさです。




 おわりに 

 

いわの美術では吉田美統の九谷焼のお買取りに力を入れています!

お買取り価格は状態や市場相場などによって日々変動致しますが、シミや日焼けなどがある場合もお買取り可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

弊社所属の専門の査定員がお客様の大事なお品物を拝見させていただきます。

 

 

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top