アンダーソン土器、仰韶土器をお買取りいたします。【2018年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

アンダーソン土器、仰韶土器をお買取りいたします。

2018.12.12

アンダーソン土器、仰韶土器をお買取りいたします。

 


写真のお品物は、以前いわの美術でお買取りいたしました、中国古代の仰韶文化時代に属する土器です。

仰韶文化は紀元前5世紀から4世紀頃に河南省西部の黄河中流域で栄えた中国古代の文化の一つで、このような文様のある土器は中国国内の考古学や骨董業界においては彩陶と称されています。

  

仰韶土器、アンダーソン土器について

日本の骨董市場で根強いファンをもつアンダーソン土器は、日本骨董界独自の呼称であり、清朝滅亡後の袁世凱による北京政府に招聘されたスウェーデン人地質学者ジョン・グナー・アンダーソン(Johan Gunnar Andersson‣ユハン・グンナル・アンデショーン)博士に由来しています。

アンダーソン博士はウプサラ大学を卒業後、地質学者となり1906年からスウェーデン地質調査部所長を務め、1914年から1925年にかけて北京地質調査所に派遣され中国に渡りました。

地質調査での掘削は他分野の発見にも波及していき、地質の知識から何か出土すると推測した北京市周口店では北京原人の歯の化石を発見し、のちの骨格出土への筋道となります。

1921年に河南省仰韶村で発掘された仰韶土器は、中国で初めての考古学発掘調査となり、アンダーソン博士はこれと類似した彩陶が西アジア地域でも出土していることから、東西交易路を通じてもたらされたと仮説を立てます。

甘粛省蘭州のあたりで黄河を超え流入したと予測し、鉄道もない当時に甘粛省蘭州と青海省まで出向き発掘を行うと、様々な時代と文化に属す彩陶が続々と発掘され、のちに彩文土器の東西伝播説は否定されますが、アンダーソン博士の発見した遺跡はその後の新石器時代の標準遺跡となり、中国における近代考古学の発展に大きく帰依しました。


アンダーソン土器とは考古学上の呼称ではなく、あくまで中国古代美術の彩陶を便宜的にまとめた呼称であり、本来はアンダーソン博士の発掘による文化に属するものを指します。

アンダーソン博士によって発見され現在までに編年された土器文化は紀元前4世紀の馬家窯文化から紀元前1世紀の沙井文化まで8つ余りに分かれ、文様のある彩陶であるものが主ですが無地のものも見られます。

日本の骨董美術市場ではアンダーソン土器というと彩陶を指すことが殆どですが、

厳密にはアンダーソン博士の発見した文化に依らない彩陶・反対にそれらの文化に属する無地の陶器も存在するため、中国の骨董市場などで「アンダーソン土器」を求めて購入する場合は注意が必要となります。

中国には世界4大文明に数えられる黄河文明のほか、各地に様々な文化があり、日本においてはそれら古代文明の土器などは博物館や美術館に収蔵される重要文化財の扱いを受けていますが、中国では盗掘などによって一般の市場に古代文化の土器がもたらされています。


市場には残念ながら偽物も流通しますが、数千年を経た本物が確かに存在するのは戦乱や都市開発の無かった地方であること・土質の違いによる所が大きく、日本の酸性の土壌とは異なり黄河流域の黄土はアルカリ性を示し、土器にはカルシウムの析出物の固着が見られます。

仰韶文化の顕著な特徴は、同時期の他文化と比べて彩陶が多いことであり、日本にアンダーソン土器としてもたらされる中にも散見されます。

本物である場合は壺の口などは正円であるより歪みがみられ、またカルシウム析出物の付着とその脱着による陶器表面の傷などが特徴です。

また近代以降に制作された粗雑な偽物では焼成後に絵付けを施している場合があり、これはアルコール等で拭くと剥離します。

アンダーソン土器ならびに仰韶土器は、ほぼ同時代に区分できる日本の縄文土器と異なり高温で焼成されるため硬く、また現在の市場に流通にしているものは日常用ではなく副葬品の用途とする説が有力です。

傷や欠けの極めて少ない品が多く、悠久の時を経た彩陶は、現代の骨董愛好家にとって稀有な魅力があり、熱心に蒐集されています。



アンダーソン土器のお買取りをいたします。

写真のお品物は双耳壺という形式で、中国では仰韶文化を含む石器時代から明代の青磁まで広い年代にわたって制作されている形で、アンダーソン土器のなかでも人気となっています。

いわの美術では骨董品・美術品を中心にお買取りを行っており、中古美術市場で需要の高いアンダーソン土器も過去に複数のお取り扱いがございます。

ご自宅やご実家のお片付け、蔵や倉庫の整理などでご売却をお考えのアンダーソン土器がございましたら、ぜひいわの美術へお任せください。

専門の査定員が拝見し、オークション落札相場など市場を鑑みた最高値をご提示できるよう尽力いたします。

お問合せはお電話・メール・LINEにて受付しております。メール・LINEにてお写真をお送り頂きますとオンライン無料査定も可能となります。お気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top