茶壺買取ます!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

茶壺買取ます!!

2014.5.15

茶壺の買取を行っております!!

茶壺という言葉は抹茶や茶葉を入れる容器の事を指すのが一般的かと思いますが、中国では、お茶を淹れる時の急須の事を茶壺と書いて「チャフー」と呼んでいます。
今回、いわの美術でお話させて頂くのは急須の茶壺です。

急須と同じ役割を果たす茶壺は日本の急須違って、中国ではお茶は香りを楽しむものなので、一度に飲む分量だけを淹れるために作られています。
そのため、茶壺の大きさは手のひら程の大きさしかないのも特徴です。
有名な素材は、紫砂泥という中国江蘇省宜興(ぎこう)市で採れる土を使って作られており、別名「紫砂壺」と呼ばれています。
焼き上がりは曇りガラスのような輝きしか持っていなのですが、磨く事によって玉のような輝きなるため、古い時代から大切に使われてきた茶壺には何とも言えない輝きを持ちます。
また、紫砂の茶壺はお茶を淹れると渋みや灰汁が急須に吸収さるため、お茶が美味しくなると日本でも愛用している人たちもいます。
茶壺は形やデザインも豊富で、先ほどお話した紫砂の茶壺の他にも陶磁器やガラスなどでも作られており、コレクションとしても人気が高く、いわの美術でも積極的に茶壺の買取を行っております。

 

茶壺買取について

茶壺はお土産物として大量生産されている安価なものや、紫砂泥、朱泥、有名な作家と偽って売られている偽物も多く存在しており、こういったお品物はお値段を付ける事ができません。
良い茶壺の見分け方としてはよく、注いでいる時に漏れないものが良いと言われていますが、これは使ってみないと分からないですよね。
購入する時は注ぎ口と蓋の部分が真横から見ると一直線になっているバランスがと整っている事が良い茶壺と言われています。

高価買取となる茶壺はやはり、清朝時代など古い時代に作られた茶壺です。
茶壺の側面に歌や文人の趣味を入れてデザインされている茶壺には美術品としての価値が付くため、買取額が高くなります。
茶壺を持っているけれど、価値がある物かどうか分からない…コレクションの茶壺を全て売却したいなど、茶壺売却でお困りでしたら、茶壺の鑑定を得意としている鑑定士が在籍しておりますので、出張買取でお品物を拝見させて頂きます。
お気軽にお電話、メールにてお問合せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top