若尾利貞の買取を行っております!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

若尾利貞の買取を行っております!!

2014.6.21

若尾利貞の作品買取ます!!

若尾利貞は美濃焼の陶芸家で、岐阜県重要無形文化財保持者に認定されています。
特に鼠志野の分野では第一人者とされており、高島屋、松坂屋など東京、名古屋、京都、大阪など日本各地で個展を開催し、作品の主な発表の場としています。
また、海外での活躍も目立ち、ロンドンにあるロイヤルアルバートミュージアムの作品買い上げとなり、永久保存されています。

そんな若尾利貞が陶芸家となったきっかけは美濃桃山陶に魅了された事でした。
働きながら独学で志野の技法を学び、美濃桃山陶の研究と表現につとめ、若尾利貞ならではの個性豊かな志野・鼠志野を制作しています。
鼠志野は鉄分の多い鬼板などを化粧掛けし、志野釉を掛けてから焼成します。
そうする事によって鼠色に発色し、化粧掛けした部分を掻き落とすと露出させた素地と鼠色の対比が美しい模様となって表れます。
若尾利貞の場合、濃淡を付けたり、布目のように見えたり、独自の方法で鼠志野を制作しています。
本来、志野は皿や鉢などの食器を作る焼き物ですが、若尾利貞は茶碗や水指、花器、変形皿などの制作を行っております。

若尾利貞の作品のご売却をしませんか?
いわの美術では若尾利貞の作品の高価買取を行っております。
共箱などの付属品もご一緒にございましたら、ご一緒にお譲り下さい。

 

若尾利貞の買取について

若尾利貞の作品には「利」、手描の「利貞」、釘彫の「と」などの陶印が記されています。
共箱があれば、若尾利貞の作品だという事は誰でもお分かり頂けるかと思いますが、共箱は邪魔だからと処分してしまう方が多いのが現状です。
共箱は査定額にも大きく影響してくるものですが、作品名や作品の特徴が書かれている事が多く重要な役割を持っています。
共箱は壊れていたり、汚れていても処分しない事をお勧め致します。
また、多数の若尾利貞の作品があり、共箱と作品が入れ違ってしまう事もあるかと思いますが、いわの美術では入れ替わった状態でも、査定時には作品と共箱を照らし合わせてから査定を行いますので、ご安心下さい。
その他、若尾利貞の買取について分からない事があれば、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top