シルクスクリーン買取ます!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

シルクスクリーン買取ます!!

2014.7.19

シルクスクリーンの買取を行っております!!

皆さん絵画は全て直接絵具で描かれたものだけが絵画だと思っていませんか?
印刷技法の一つである版画で制作された作品も絵画に分類できるお品物です。
絵画を購入した際、リトグラフ、シルクスクリーンなどあまり聞き慣れない言葉を耳にした事はございませんか?
リトグラフやシルクスクリーンは版画技法の一つで、特にシルクスクリーンは多くの画家が使用している技法でもあります。
リトグラフとシルクスクリーンは良く似ていますが、この二つの違いは使用する道具やインクが全く違います。
シルクスクリーンは版にインクが通過する穴を作りその穴からインクが染み出して印刷ができる技法で、シルクスクリーンが誕生した頃は版に使う布に絹を使用していた事から「シルクスクリーン」と呼ばれるようになりました。

高価買取が期待出来る作家

ヒロ・ヤマガタ、トレンツ・リャド、草間彌生

ミッシェル・バテュ、元永定正、笹倉鉄平、平山郁夫

天野喜孝、ジェームス・リジィなど




シルクスクリーンは、上記に記載しているような作家が直接描いた作品が高価で手が出せないというコレクターには嬉しい作品で、中古市場でも人気の高いお品物です。
コレクションの整理や飾る予定のないシルクスクリーンがございましたら、いわの美術が買取ますので、お気軽にお電話、メールにてお問合せ下さい。

 

シルクスクリーン買取ポイント!!

:作家、タイトル、大きさ、エディションナンバー、状態

シルクスクリーンは近くで見ていただくとインクに艶や盛り上がりがあるのがお分かり頂けるかと思いますがこれがシルクスクリーンの特徴で、知識がない方でもシルクスクリーンかどうか判断するには簡単な方法かと思います。 

しかし、稀にこの特徴が見られない場合がございますので、シルクスクリーンかどうか分からない場合でもまずは一度ご相談下さい。
いわの美術なら、実際にお品物を拝見させて頂く話になった場合、弊社に所属している鑑定士にお任せいただければすぐに判明致します。

また、シルクスクリーンには1/100などと余白に記載されており、これをシリアルナンバーといい、このシルクスクリーンが一つの版で何枚刷られたのか分かるようになっています。
分母の数が刷られた枚数で分子の数がその内の何枚なのかを表しています。
シルクスクリーンの買取では分母の数が買取額に影響し、数字が少ない方が現存する枚数が少ないため買取額が高くなります。
また、数字の他にも作家のサインがありますので、メールでのお問合せの際はこの部分をお写真に撮ってメールに添付して頂けますと査定がスムーズに行えます。
シルクスクリーンの買取なら、年間に多くのシルクスクリーンの買取を行っている、いわの美術にお任せ下さい!!


その他の買取対象のお品物

油彩画、リトグラフ、水彩画、書画、銅版画など

いわの美術では、シルクスクリーンの他にも様々なお品物をお買取り致します。

ご売却をお考えのお品物などございましたら、ぜひ一度いわの美術までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top