竹久夢二の作品買取ります!!【2014年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

竹久夢二の作品買取ります!!

2014.12.12

竹久夢二の作品お買取りします

大正ロマンを代表する詩画人・竹久夢二。
「夢二式美人」という夢二独特の美人画が有名ですが、やわらかいタッチで描かれた抒情漂う日本女性の美人画を数多く残している画家として、今なお人気を博しています。

竹久夢二の真骨頂である美人画と、その女性遍歴はきってもきれない関係にあるといってもいいかもしれません。竹久夢二が23歳のころ、岸たまきと出会い、彼女をモデルとして「夢二式美人」を描き、人気作家となります。女性との関係も華やかであったことで知られる竹久夢二ですが、正式に結婚したのは岸たまきだけで、その結婚生活は2年ほどだったそうです。
その後は彦乃と人目を忍ぶ恋に落ちました。彦乃は当時不治の病とされていた結核を患っており、竹久夢二のもとから引き離され入院します。その翌年、傷心のもと描かれたのが最高傑作といわれる「黒船屋」です。
「黒船屋」には、夢二式美人特有の線の細い美女、黒目がちの潤んだ瞳、吐息が漏れてきそうな口元などうっとりするほど美しい女性が描かれています。
「黒船屋」が完成した翌年に、彦乃は25歳で夭逝します。彦乃こそ、竹久夢二がその生涯で最も愛した女性といわれています。また竹久夢二は、お葉という女性とも出会いますが、「夢二式美人画」の源泉となった女性とされ、「黒船屋」のモデルがこのお葉であったという説もあります。

こういった独特の世界観を持った美人画を数多く残した竹久夢二ですが、画壇に属さず孤高に誰も真似できない世界観を築き上げた生き様は、フランスのロートレックに重なるところがあるともいわれます。
そんな竹久夢二の作品をお持ちではありませんか?いわの美術では、竹久夢二の作品買取を行っています。

 

竹久夢二の作品買取りについて

大正の浮世絵師とも称され、常に時代感覚を先取りするパイオニアであった竹久夢二は、それまで敷居の高かった絵画を大衆に発信し、より一般の人々の生活に身近なものにしました。
肉筆画だけでなく、一世を風靡した夢二作詞の「宵待草」を含むセノオ楽譜の表紙絵、装丁本、便箋・封筒、絵葉書、千代紙、ポスターなど、様々な作品が残っています。
竹久夢二の多くの作品が、雑誌などの挿絵といった印刷物であったため、当時は大衆美術としてしか認められず、評価が高まったのは、竹久夢二の51歳という短い生涯を閉じた没後になってからです。

竹久夢二の肉筆画は大変貴重となっており、掛軸や、セノオ楽譜等の表紙原画など大変な人気となっています。
また、竹久夢二の木版画も買取対象となっておりますが、制作当時に刷られたオリジナルの木版画と、当時の作品(主に木版画)をお手本にして、現代の職人が版木から彫り直し、摺った復刻木版画とでは、買取の際の評価が変わってまいりますので、ご留意ください。
コレクターも多い竹久夢二の作品は、中古市場でも人気が高く、いわの美術でも何度も買取を行っている作家の一人です。

買取査定をご希望の際は、ご売却をお考えの竹久夢二の作品の写真をお撮りいただき、弊社宛にメールに添付する形でお送りいただきますと、買取専門の査定人がお調べして買取見積額をご案内致します。
買取査定額は、市場の需要と供給のバランスや、どういった作品なのか、また保存状態などあらゆる点から総合的に判断して評価をお出ししています。
竹久夢二の作品のご売却をお考えなら、美術品・骨董品などの買取実績豊富ないわの美術にお任せください。買取査定等は全て無料で行っており、お客様への費用請求は一切行っておりません。


~木版画の買取はこちらへ~

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top