香水瓶買取ます!【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

香水瓶買取ます!

2015.3.19

香水瓶買取ます!

最近は、女性だけでなく男性も身だしなみの一つとして、香水を身に着ける方も増えてきました。特別な自分を演出する香水を選ぶときには、香りはもちろんですが、香水をいれる香水瓶も素敵なデザインのものが多く、思わず美しいボトルに手に取ってしまうことも…。いわの美術では、芸術性あふれるパフュームボトル、香水瓶の買取を行っています。

香りの歴史は古く、古代エジプト時代までさかのぼりますが、ブランド品としての香水については、20世紀初頭に、フランスを中心に香水ブランドブームというものが起こりました。
アール・ヌーヴォー、アール・デコの両時代にわたって活躍したガラス工芸家、ルネ・ラリックがガラス工芸を邁進させるきっかけをつくった頃、コティやディオール、ゲランといった化粧品メーカーが競って新しい香りをつくった時代がありました。そしてそのかぐわしい香りに見合う美しい香水瓶をガラス工房に発注し、当時の女性たちの人気を博しました。
その結果、この時期に多くの香水瓶の傑作が誕生したのです。エスプリに満ちた魅力的な小さな香水瓶は、香水が使われた後も、ガラス工芸品としての価値を持ち、長く所有者の手の元にコレクションされていきました。
こうした香水瓶コレクションの流れを受け、現在もその美しいデザイン性の高い香水瓶は、多くのコレクターが存在します。
いわの美術では、そんな歴史をもつ香水瓶の買取を積極的に行っています。

 

香水瓶の買取について

香水瓶の傑作として名高いのは、やはりルネ・ラリックの作品です。例えば、フランスで150年以上の歴史を持つ老舗フレグランスブランドのロジェ・エ・ガレのフローザという1914年のラリックデザインの香水瓶は、草の中でひざまずく女性が浮き彫りされた芸術品といえる逸品です。
また、現在も使われているゲランのミツコMitsukoのボトルは、世界的クリスタルブランド バカラが1919年に制作したものです。これは、ウィーンの社交界の華とよばれたグーデンホーフ光子伯爵夫人をイメージしてデザインされたというもので、こういった香水瓶のデザインの背景を辿るのも香水瓶コレクションの楽しみの一つかもしれません。

いわの美術では、小さな小瓶に芸術性あふれる香水瓶の買取をしています。すべての香水瓶がお買取の対象とはいえませんが、定番的に人気の高い香水瓶、パフュームボトルは数多くございますので、使用済みの香水瓶をご処分の前に、一度いわの美術までご連絡ください。買取査定は無料です。
香水瓶で高価買取が期待できるのは、ラリックやバカラ、ドームのボトルで、また、伝統工芸品的価値の高いベネチアンガラス、ムラノガラスの香水瓶も買取の対象となっています。また、ヘレンドやロイヤルクラウンダービーなどの陶器の香水瓶も買取致します。特に古い時代のアンティークな香水瓶は骨董的価値もあり、お品物により高価買取致します。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top