五代目伊藤赤水の作品買取ります【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

五代目伊藤赤水の作品買取ります

2015.5.28

五代目伊藤赤水の作品買取ります

いわの美術では無名異焼で有名な五代目伊藤赤水の作品を買取ります。

五代目伊藤赤水は、代々続いている無名異焼の家系で、先祖の伊藤甚兵衛により佐渡特有の無名異の土を陶芸製作に使った事が無名異焼の原点となりました。

初代伊藤甚兵衛は、園芸家の伊藤伊兵衛の息子として生まれ、のちに羽口屋の窯で羽口や、日用品を作り、六代目甚兵衛は雲山焼を創作し、八代目甚兵衛が家業の傍らに無名異の土で日用品を作りました。

また、羽口屋三代目の長男文四郎は別で家を建て、陶器製作専門の羽口屋分家窯を開きます。

その後九代目伊藤伊兵衛、本名富太郎は文四郎の建てた窯で五代目を継ぎ、無名異土を混ぜ製作する事からヒントを得て無名異焼の製作に成功し、自身を赤水と名乗った事から、赤水窯となりました。


現代では五代目伊藤赤水が伝統を受け継ぎ、2003年には無名異焼で人間国宝として認定されています。

五代目伊藤赤水は、本名を窯一と言い、四代目伊藤赤水の長男として生まれ、25歳で京都工芸繊維大学工芸学部の窯業工芸学科を卒業後、三代目伊藤赤水に弟子入りし、技術を学びます。

その後様々な章を受賞し、35歳の時に五代目伊藤赤水を襲名し、その名に恥じぬように技法の研究などに励みました。

1981年に英国国立スミソニアン博物館、ビクトリア・アンド・アルバート美術館で開催された日本現代陶芸展で出品された事により、世界的にその名が知られることになりました。

いわの美術では、江戸後期から伝統を受け継いでいる伊藤赤水の作品をお買取り致します。

 

伊藤赤水の作品買取りについて


五代目伊藤赤水は、天皇皇后両陛下の献上品なども製作した事でも有名です。

五代目伊藤赤水は、2003年に無名異焼で人間国宝に認定され、窯変や練り上げ、という技法を得意としていました。

練り上げは、色の違う色を重ねあわせ、巻きずしのような物を作り、輪切りにした断面を並べて作品などを作る技法です。

窯変は、炎や釉薬の割合により、陶磁器が予期しない色合いが生まれるという意味ですが、五代目伊藤赤水はこれを利用し、あえて窯変の作品を製作しました。

五代目伊藤赤水は縞模様や、花紋といった独特な模様を作りあげる事が得意と言われ、シンプルだった朱泥作品に窯変と練り上げ技法を取り入れ新たな無名異焼を作り出しました。

現在も、作品製作に励んでいる五代目伊藤赤水は、江戸後期からの伝統を重く受け止め、次の世代に渡るようにと日々励んでいます。

いわの美術では、無名異焼で有名な伊藤赤水の作品をお買取り致します。
蔵の整理や、引っ越しのお片づけで処分に困っている伊藤赤水の作品などございましたら、是非一度いわの美術までお問い合わせください。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top