籐製矢筒、ジュラルミン矢をお買取りいたします。【2017年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

籐製矢筒、ジュラルミン矢をお買取りいたします。

2017.10.25

籐製矢筒、ジュラルミン矢をお買取りいたします。



写真のお品物は、いわの美術で以前お買取りいたしました、ジュラルミン矢7本と籐製矢筒です。矢の鏃・筈の状態も良く、また籐製の矢筒は高級なお品とされ、格式ある場にふさわしく華を添えます。いわの美術では美術品・骨董品を中心にお買取りしておりますが、日本の伝統的な武道の一つであり天皇杯も開催される弓道のお道具もお買取り可能なものがございます。



お品物詳細

弓道は古武術の弓術から発展し、長く日本の武道として伝えられてきました。元来は戦時と儀式またそのための鍛錬に用いられましたが、現代ではスポーツとして親しまれています。多数の流派があり、また道具も時代とともに進化してきました。

弓道で用いる矢の棒の部分を箆(の)と呼び、長い間竹製を主流としてきました。しかし天然素材ゆえの温湿度管理の難しさや価格などの問題があり、昭和30年代後半に学校体育で弓道が再開したのを機に普及版として金属製の矢がうまれます。高力アルミ、耐蝕硬質アルミなどで試行錯誤を重ねたのち、昭和39年の東京オリンピックで正式種目となったアーチェリーの矢(シャフト)に倣いジュラルミン製の矢の開発が進められました。初めは竹製の伝統から金属製への違和感が否めなかったものの、トヨタ自動車の弓道部が金属製矢で大会入賞を繰り返したことなどから、昭和50年頃に普及し始めます。現在でも安価であること・耐久性・均一性などから初心者から有段者まで気軽に使用できる矢として使用されています。

 


また、今回お買取りいたしました矢セットは、矢筒が籐製となっております。スポーツ競技としての弓道は、スポーツバッグ状の矢筒も普及しているものの、伝統的な籐製は竹製などと並び格調高く、人絹房などの装飾や漆塗りなど加工が施されているものもございます。いずれも中古市場にてお取引が多数あり、状態により好条件でのお買取りが期待できます。

矢のお買取りの場合は、箆に割れがなく耐久性に問題が無いこと・羽に汚れがなく綺麗に揃っていることがポイントとなります。

お手元に眠っているご親族などから受け継いだ弓道具のご売却をお考えの際は、ぜひいわの美術へお任せください。ほかの美術品・骨董品などと合わせて査定・お買取りすることも可能です。お問合せはお電話のほか、メール・LINEでも受付しております。お手数ですがお写真を添付いただきますと、より早い対応が可能となります。ご売却をお考えの際はぜひ、いわの美術へご連絡くださいませ。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top