洋食器・インテリア 買取強化中

全国出張買取

洋食器・インテリアの買取なら
「いわの美術」にぜひ一度ご相談下さい。

高価買取のポイント

洋食器には、現在数多くのメーカーがあり、その中から様々なシリーズが作られ市場に多く出回っています。
洋食器の買取に関しては、メーカー・シリーズ・状態・バックスタンプなどが買取で重要なポイントとされています。
洋食器では、ヨーロッパで初めて磁器の製作に成功したマイセン、ハンガリーで作られているヘレンド、世界最大級の陶磁器メーカーのウェッジウッドなどシリーズにもよりますが、高価買取が期待出来ます。
メーカー名とシリーズはカップやソーサーの裏に書かれていますので、アルファベットや裏の画像を頂けますと現在の平均価格をお伝えする事が出来、査定がスムーズに行えます。
バックスタンプと言うのは、上記でも説明したメーカーやシリーズが書かれている部分の事を指し、メーカーによりデザインは異なります。
また、メーカーによりますが、初期と晩年でバックスタンプが変わっているお品物があり、バックスタンプを見ればいつの時代に作られた物かわかるようになっています。
自分で買った物ではなく、遺品などでメーカーやシリーズが分からない場合は、品物全体・バックスタンプの写真を頂けますと査定出来ますので、是非一度お問い合わせ下さい。

査定だけでもOK!お気軽にご相談ください
0120-226-590
お問い合わせ・無料査定

いわの美術が選ばれる理由

美術品や茶道具、絵画、お酒など多くのジャンルの品物にご対応。

全国どこでも出張費用、査定費用は全て無料。

常に最良の売却先を模索し直接販売しているため高価買取が可能。

買取対象商品

マイセン MEISSEN
マイセン MEISSEN
セーブル SEVRES
セーブル SEVRES
ロイヤルコペンハーゲン ROYAL COPENHAGEN
ロイヤルコペンハーゲン ROYAL COPENHAGEN
バカラ Baccarat
バカラ Baccarat
サンルイ Saint-Louis
サンルイ Saint-Louis
スチューベン STEAUBEN
スチューベン STEAUBEN
KPM ベルリン
KPM ベルリン
リチャード・ジノリ Richard Ginori
リチャード・ジノリ Richard Ginori

洋食器・インテリアの最新買取実績

お客様の声

大量の品物を買い取って頂きました

〈 神奈川県三浦市在住 N.I様 〉
私の母がマイセンやコペンハーゲンの収集家で家に飾りきれない物は倉庫にしまっていました。 しかし同居をキッカケにその洋食器なども処分しなくてはと思い買取業者を探していた所、いわの美術さんを教えて頂きました。品物の詳細をお伝えした所出張で来て下さり、丁寧に査定してくれました。これで母も喜んでくれると思います。 ありがとうございました。

遠くまで出張に来て下さいました

〈 京都府京都市北山区在住 K.R様 〉
私はガラス製品を多数持っていて、バカラ、ドーム、スチューベンなど集めていました。 しかし引っ越すにあたりコレクションを処分しなければいけなかったので買取業者を探していた所いわの美術さんにたどり着きました。しかし場所が遠かったので不安ではありましたが、わざわざ横須賀から出張で来て下さり査定してもらって大変満足しています。知人にも教えたいと思います。ありがとうございました。
査定だけでもOK!お気軽にご相談ください
0120-226-590
お問い合わせ・無料査定

こちらの商品と一緒ならさらに査定額アップ

骨董品・陶磁器・漆器・金属工芸

陶磁器、漆器、金属工芸、軍物、武具刀剣などや各種習い事お道具、なんでも拝見いたします。

絵画・洋画・日本画

国内外、技法や来歴が不明でも大丈夫です。
リトグラフやシルクスクリーンなどもご対応しております。

着物・和服

アンティーク着物や伝統工芸、人間国宝などからシミのある着物や反物、小物まで様々取扱い可能です。

豊富な取扱作家

いわの美術なら買取作家・取扱いが豊富です。
下記より各行ごとの一覧をご覧いただけます。

洋食器・インテリアの買取について

洋食器とは、西洋で使われていたソーサーやカップの事を指し、磁器で作られた美しいデザインや装飾が特徴のお品物です。
中国で発祥した磁器は、1610年頃日本に伝わり、そこで古伊万里や有田焼が生まれたと言われています。
その後、古伊万里や有田焼の繊細な絵柄、美しく品格のある色合いが多くの人の目に留まり、ヨーロッパ中で人気のお品物となりました。
一方、ヨーロッパでは16世紀頃中国から磁器が伝わります。
最初は中国の作品を真似して作っていましたが、その作品が大反響を呼び、徐々に磁器がヨーロッパ中に広まりました。
また、ヨーロッパで磁器の製作に成功し、世界中に広まるきっかけとなったのがマイセンの誕生と言われています。
17世紀のヨーロッパでは、日本の磁器を作り出す技術がまだなかった為、貴族や事業家達は、製法を見つけ出す為に多くの技術者を呼び製作にあたらせます。
各貴族達が製法を続けている中、東洋の磁器の収集家であったアウグスト一世が、錬金術師のベドガーに磁器の製法を研究させ1708年に磁器に近い物が完成します。
その後も研究を重ね2年後の1710年にはヨーロッパ初硬質磁器の作製に成功し、これにより現在の私たちが手にしている洋食器が生まれました。

骨董品・美術品のお役立ち情報
査定だけでもOK!お気軽にご相談ください
0120-226-590
LINE査定
お問い合わせ・無料査定
お客様のご希望に合わせた2つの買取方法
宅配買取出張買取
買取品目
作家別買取
いわの美術株式会社
横須賀本店
〒238-0014
神奈川県横須賀市三春町5-41-2 2階
0120-226-590 ※持ち込み要予約
営業時間 9:00~19:00(年中無休)
HOMEへ戻る
ページトップへ
PCサイトへ
Copyright © 2012 Iwano Art. All Rights Reserved.