掛軸・書画・版画
の高価買取いたします。

山川秀峰

京都出身の大正~昭和時代に活躍した日本画家です。
本名は嘉雄といいます。
作家の山川方夫は息子です。

池上秀畝に花鳥画を学び、鏑木清方に美人画を学んで、時代を写したモダンな美人画を制作します。
帝展で活躍をし、伊東深水らと青衿社を設立して、そこで活躍をしました。
また、鏑木清方の同門で、寺島紫明・伊東深水とともに「三羽烏」と称され人気を得ました。

大正期に入ると三越百貨店のポスターを手掛け、コレクターの間で人気が高いものとなっています。

47歳という若さで亡くなっているので、肉筆の作品は少ないと言われています。

山川秀峰

山川秀峰(1898~1944)

資料:---

山川秀峰年表

1898年 京都に生まれる
1928年 第9回帝展 特選
1930年 第11回帝展 特選
1939年 青衿社を設立
1944年 47歳で死去

山川秀峰代表作

『素踊』
『序の舞』
『羽根の禿』
『さらしの女』
『赤い襟』
『東京駅』
『信濃路の女』

お気軽にお問い合わせ下さい!0210-000-000

無料査定メールはこちら

宅配・出張でも査定、買取ができます!

宅配買取の流れ

出張買取の流れ