古銭・大判・小判・切手買取

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

古銭・大判・小判・切手 買取強化中

「いわの美術」では古銭・大判・小判・切手を高価買取しています。
出張費用・査定費用は無料です。ぜひ一度ご相談下さい。

高価買取のポイント

古銭や大判、小判の買取では、電話でのお話しだけですと判断が難しく、基本画像での判断となります。
古銭でお買取りが可能なお品物は、奈良時代に作られた神功開宝や、隆平永宝、和同開珎、平安時代に作られた寛平大宝、饒益神宝、長年大宝が高価買取となり、大判・小判では、江戸時代に作られた享保小判、元禄大判金、万延大判金、安政小判などが高価買取の対象となります。
お品物により高価買取が期待できる古銭・大判・小判ですが、とても希少価値の高いお品物の為、レプリカが多く出回っています。レプリカか本物かどうか見極めるには、しっかりとした知識を持つ査定員がいる業者に見てもらう必要があります。
また、切手で高価買取が期待できるのは、中国の切手やエラー切手と呼ばれるお品物です。
エラー切手とは、デザインや彩色の間違いなどがある切手の事を指し、一般的にはミスが発覚した切手は販売されないのですが、ミスが発覚せず郵便局などで売られ、コレクターの手に渡ります。
エラー切手には、図案ミス・彩色エラー・逆刷エラーなど様々な種類があり、昭和時代に発行されたらエラー切手などは希少価値が高い事から中古市場でも人気のお品物となっています。また、1枚ではなくシート状のエラー切手などは高値で取引されている事もあります。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

いわの美術が選ばれる理由

幅広い取り扱い

美術品や茶道具、絵画、お酒など多くのジャンルの品物にご対応。

全国出張無料査定

全国どこでも出張費用、査定費用は全て無料。

高価買取

常に最良の売却先を模索し直接販売しているため高価買取が可能。

古銭・大判・小判・切手の最新買取実績

一覧はこちら

お客様の声

大量の切手を買い取って頂きました

昔は手紙が主流でしたので、切手を持ってても使い道がありましたが、今はケータイの復旧により使う事もなくなり処分に悩んでいました。大量の切手があったのですが、いわの美術さんにご相談し写真をお送り致しまして宅配で買取りして頂きました。大変助かりました。ありがとうございます。
〈 神奈川県横浜市泉区在住 A.H様 〉

昔のお金など買取って頂きました

私の親戚の家に昔から飾ってある昔の紙幣、古銭、小判などのお金が多数あるのですが、売却出来る所を探していて、知人から教えて頂いたいわの美術さんにお願い致しました。 知人からとてもいい業者さんと聞いていたのですが、話通りの良い所で、とても安心しました。 また、何かありましたらお願い致します。
〈 神奈川県川崎市在住 K.E様 〉

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

こちらの商品と一緒ならさらに査定額アップ

骨董品・陶磁器・漆器・金属工芸

陶磁器、漆器、金属工芸、軍物、武具刀剣などや各種習い事お道具、なんでも拝見いたします。

掛軸・書画・版画

日本作家や中国作家、骨董から現代作品まで扁額、浮世絵、版画、春画など様々ご対応しております。

着物・和服

アンティーク着物や伝統工芸、人間国宝などからシミのある着物や反物、小物まで様々取扱い可能です。

豊富な取扱作家

買取作家・取扱いの一例です。その他の作家も豊富にお取扱いしておりますので「一覧をみる」ボタンより詳しい買取作家・取扱いをご覧ください。

古銭・大判・小判・切手の買取について

古銭とは、名前の通り古いお金という意味で、現在は使用できない貨幣の事を指しています。
日本での貨幣の発祥は、奈良時代にまで遡り和同開珎という貨幣が作られたのが始まりとされています。
その後万年通宝や隆平永宝・神功開宝など様々なお品物が奈良時代に作られ、平安時代には世界最古と言われている交子と言う紙幣が中国から伝わりました。
江戸時代までは、穴の開いた貨幣がほとんどでしたが、明治時代に入ると穴の開いていないコインのような貨幣が作られるようになり、現在の貨幣と似たデザインとなります。
また、古銭や古紙幣以外にも、安土桃山時代には大判や小判も作られていて、駿河墨書小判と呼ばれる物が日本最古の小判と言われています。
切手に関しては、世界各国で製造されているお品物で、料金前納を証明する証紙になります。
手紙やはがきに使用できる物ですが、可愛らしいデザインが数多くある事からコレクションとしても集めている方が多くいらっしゃいます。
世界で最初の切手は、ヴィクトリア女王の肖像画が書かれた物が作られ、金額は1ペニーで色は黒だった事から、ペニー・ブラックという愛称で呼ばれていました。
日本で最初に切手が発行されたのは明治4年の頃で、目打ちも裏糊もない竜文切手と呼ばれる物が作られました。
その後、消費者が使いやすいようにと翌年の明治5年に目打ちと裏糊を付けて販売されました。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top