日本刀・甲冑・武具買取

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

日本刀・甲冑・武具 買取強化中

「いわの美術」では日本刀・甲冑・武具を高価買取しています。
出張費用・査定費用は無料です。ぜひ一度ご相談下さい。

高価買取のポイント

日本刀・甲冑・武具の買取には、歴史や状態に加え作家なども重要ポイントとなります。
日本刀に関しては、歴史も関係しますが刀工の名前が最も重要となり、有名刀工の作品であると高価買取が期待出来ます。
刀工では、美濃国で刀工として活躍していた和泉守兼定や、備前国で刀工として活躍した長船秀光の作品などは高価買取が見込めます。
日本刀は現在残されている数が少なく、主に美術館などで保管されている作品がほとんどで、とても歴史的価値が高いお品物になります。
ですが、現在の法律ではきちんと刃のついている日本刀を所持するには登録証という物を取らなければいけなく、登録証がないと所持さえも禁止されています。
ですので、日本刀の売却をお考えでなくても、倉庫や蔵に日本刀がある場合は登録証を取得しておきましょう。
また、甲冑に関しては、作家さんがいるお品物であればその方の評価により値段が決まりますが、基本的には歴史が重要となり、古いお品物であれば高価買取が期待できます。
また、武具の中に含まれている銃なども、日本刀と同じく登録証が必要となりますので事前に取得してください。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

いわの美術が選ばれる理由

幅広い取り扱い

美術品や茶道具、絵画、お酒など多くのジャンルの品物にご対応。

全国出張無料査定

全国どこでも出張費用、査定費用は全て無料。

高価買取

常に最良の売却先を模索し直接販売しているため高価買取が可能。

買取実績10万件以上

買取対象商品

軍配 27代 明珍大隅守紀宗妙作
軍配 27代 明珍大隅守紀宗妙作
日本刀 無銘(伝 左貞吉)
日本刀 無銘(伝 左貞吉)
鍔
小柄
小柄
甲冑・鎧
甲冑・鎧
短筒
短筒
旧日本海軍 指揮刀
旧日本海軍 指揮刀

日本刀・甲冑・武具の最新買取実績

一覧はこちら

お客様の声

宅配買取りでお世話になりました

父の実家を取り壊す際に、日本刀や火縄銃などの昔の骨董品が出てきました。 処分するにも、売却するのもどのような手順を踏んだらいいかわからなかったのでいわの美術さんにご相談させていただきました。 大変わかりやすく丁寧にお話をして頂いて、安心して宅配買取をさせていただきました。
〈 神奈川県横浜市鶴見区在住 H.O様 〉

父の遺品を丁寧に査定して頂きました

私の父は無類の骨董好きで、特に銃や模造刀、甲冑などの昔の日本で使われてた物が大好きでした。 その父が亡くなり、遺品整理をしていたのですが、膨大な骨董品の数々に苦労してた時知人からいわの美術さんを教えてもらいました。少し距離が遠かったのですが、品物が多いため出張買取して頂けました。おかげ様で遺品整理が楽に進み大変助かりました。ありがとうございました。
〈 神奈川県横浜市在住 M.H様 〉

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

こちらの商品と一緒ならさらに査定額アップ

骨董品・陶磁器・漆器・金属工芸

陶磁器、漆器、金属工芸、軍物、武具刀剣などや各種習い事お道具、なんでも拝見いたします。

掛軸・書画・版画

日本作家や中国作家、骨董から現代作品まで扁額、浮世絵、版画、春画など様々ご対応しております。

着物・和服

アンティーク着物や伝統工芸、人間国宝などからシミのある着物や反物、小物まで様々取扱い可能です。

豊富な取扱作家

買取作家・取扱いの一例です。その他の作家も豊富にお取扱いしておりますので「一覧をみる」ボタンより詳しい買取作家・取扱いをご覧ください。

日本刀・甲冑・武具の買取について

日本刀や甲冑は、武士が日本に誕生した平安時代頃から使われるようになり、武具というのは甲冑や刀などの戦いで使う道具の総称として使われている言葉です。
日本刀の発祥は平安時代後期と言われ、平安時代初頭に作られていた太刀が進化して日本刀が生まれたと言われています。
また、古墳時代よりも前に鉄製刃物が作られていたそうですが、日本刀という名前で刀が作られたのは平安時代後期だった事から、その時代に発祥されたと言われています。
平安時代後期に武家勢力が活発になった事と刀の原料である良質な砂鉄が多くとれる備前国や大和国で刀工の各流派が現れた事により日本刀が発展を遂げました。
鎌倉時代に入ると、武士の勢力が増した事により様々な国で争いが生じた為、日本刀の需要が急激に高まります。
その後、後鳥羽天皇が著名な刀工を交互に招き入れ、よりたくさんの刀を作るように指示した事から多くの作品が作られ、これにより鎌倉時代は刀の黄金期を迎えました。
また、甲冑は弥生時代に発祥したと言われ、その当時木製の甲冑が作られていたと言われています。
その後、平安時代に武士が日本に誕生した事で大鎧と呼ばれる鎧が誕生し、当時は騎馬戦が主流だった事から馬に乗る事のできる上級武士専用の鎧となりました。
大鎧の他にも胴丸や腹巻と呼ばれる鎧が生まれ、中流・下流の武士たち用に作られました。

平安時代から武士という職業が消滅する明治維新までの間には、日本刀・甲冑・槍など様々な武具が生まれ、現在では骨董品・美術品価値の高いお品物として中古市場で人気を博しています。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top