【丸武産業 光忍 徳川家康大黒頭巾鎧写】日本刀・甲冑・武具の買取実績一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取実績一覧

丸武産業 光忍 徳川家康大黒頭巾鎧写

丸武産業 光忍 徳川家康大黒頭巾鎧写
作家名
丸武産業 光忍

お品もの詳細

今回、いわの美術がお買取したお品物は、徳川家康大黒頭巾鎧写で鹿児島県にある鎧甲冑工房丸武産業の光忍の職人たちによって制作された稚児鎧です。
徳川家康の枕元に立った大黒天を家康自らがデザインし、甲冑師に制作させたと言われ、関ヶ原の戦いや大坂の陣などで勝利した時に着用していた甲冑で、家康が最もゲンを担いで愛用していた甲冑を写したものです。
これはただ写したのではなく、本歌(本物)の2/3のスケールで制作されており、実際に3~8歳までの子供が着用する事ができるようになっています。
そのため、新品で購入するといつでも着用できるように、白小袖・袴・足袋・ワラジが同梱されていますが、今回のお買取では袴のみが残っておりました。
また、丸武産業 光忍の稚児鎧は完全受注生産で、追加料金を払えば子供の名前などを入れてくれるようで、お買取したお品物にも端午の節句祝いで贈った事が記されていました。


丸武産業 光忍は映画やテレビドラマで使用する甲冑や美術品・工芸品としての甲冑制作、古甲冑の修理など甲冑に携わるほとんどの業務を行っており、映画の衣装としての甲冑制作では黒沢明監督の『乱』『影武者』などが代表作として挙げる事ができます。
また、日本の新作甲冑の90%以上のシェアを占めており、光忍作の甲冑は鉄板一枚一枚を金切り鋏で切る所からはじまり、大量生産のように機械でプレスする事はせず、全てが職人の手作業によって生み出されているため、1つの甲冑を完成させるのにかなりの時間を必要としています。
丸武産業 光忍はこれまでに織田信長、武田信玄、毛利元就、石田光成などの甲冑や当世具足を手掛けてきましたが、設計図などは存在せず、その全てが職人の頭の中に甲冑の仕様が記憶されているそうです。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top