カメラ買取

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

カメラ 買取強化中

「いわの美術」ではカメラを高価買取しています。
出張費用・査定費用は無料です。ぜひ一度ご相談下さい。

高価買取のポイント

穴が開いた部屋から始まり、現在まで様々なカメラが作られ、今では私たちの生活になくてはならない存在となりました。
カメラで高価買取が期待出来るのは、ライカや、ニコン、ペンタックス、コンタックス、キャノン、ローライなどの大手メーカーで、その中でもシリーズにより査定額は異なります。
カメラの買取では、メーカーや状態により査定額が大きく変動し、特にレンズの状態が重要です。
レンズに関しては、カビが一番の大敵で、一度レンズ内にカビが繁殖してしまうとお手入れも難しくなってしまいます。
カビは人の油脂や指紋、ゴミやホコリを栄養としている為、長年お手入れされてないレンズなどにはカビが繁殖しやすいのが現状です。
カビを発生させない為には、念入りにレンズのお手入れをする事をオススメ致します。
また、カメラを買った時に、ケースや箱・説明書が付いてくるかと思いますが、多くの方が邪魔だと思い捨ててしまっている事が多いと思います。
しかし、これらの付属品が残っている事で査定額がプラスされるという事がございますので、箱やケースは保管してとっておく事をオススメ致します。
もし、メーカーやシリーズが分からない場合は、全体・英文字の部分の写真を頂けますと、お調べする事が可能です。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

いわの美術が選ばれる理由

幅広い取り扱い

美術品や茶道具、絵画、お酒など多くのジャンルの品物にご対応。

全国出張無料査定

全国どこでも出張費用、査定費用は全て無料。

高価買取

常に最良の売却先を模索し直接販売しているため高価買取が可能。

買取実績10万件以上

買取対象商品

ハッセルブラッド
ハッセルブラッド
コンタックス
コンタックス
ローライ
ローライ
ライカ
ライカ
フォクトレンダー
フォクトレンダー
コダック
コダック
キャノン
キャノン
アルガス
アルガス

カメラの最新買取実績

一覧はこちら

お客様の声

大切に査定して頂きました

昔に大切にしていたカメラが押入れから出てきて、使おうと思ったのですが長年放置していたせいで動かなくなってしまい処分を考えました。周りからは捨てなと言われていたのですが思い入れのある物なので中々踏ん切りがつかず。 そんな時、ネットで検索していた所いわの美術さんが出てきて、動かないカメラなんてと思いながらご相談してみました。 しかしいわの美術さんは、動かなくてもカメラの価値をわかってくださって買い取って頂ける事に! 捨てる選択をする前にご連絡をしてよかったと思いました。本当にありがとうございます。
〈 神奈川県横浜市西区在住 O.R様 〉

家の片付けを手伝って頂き感謝しています

祖父の時代から実家にあった古いカメラを処分しようと考えていて、知人に教えて頂いたいわの美術さんにご相談しました。 家が近い事もあったので出張で来てくださり、カメラの他にも色んな品物を買い取って頂きました。 整理しなくてはと思っていたのでとても助かりました。また何かありましたらお願い致します。
〈 神奈川県横須賀市在住 W.T様 〉

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

こちらの商品と一緒ならさらに査定額アップ

骨董品・陶磁器・漆器・金属工芸

陶磁器、漆器、金属工芸、軍物、武具刀剣などや各種習い事お道具、なんでも拝見いたします。

掛軸・書画・版画

日本作家や中国作家、骨董から現代作品まで扁額、浮世絵、版画、春画など様々ご対応しております。

着物・和服

アンティーク着物や伝統工芸、人間国宝などからシミのある着物や反物、小物まで様々取扱い可能です。

豊富な取扱作家

買取作家・取扱いの一例です。その他の作家も豊富にお取扱いしておりますので「一覧をみる」ボタンより詳しい買取作家・取扱いをご覧ください。

カメラの買取について

カメラの歴史は、1685年まで遡り小さな暗い部屋という意味のカメラ・オブスクラが作られた事から始まりました。
カメラ・オブスクラが作られる前は、壁に穴が開いただけの部屋が作られていて、穴から光が入ってきた光が反対側の壁に届くと外の景色が映りだされるという物で、現在で言うスクリーンのような存在でした。
多くの画家たちは、壁に写った景色などをデッサンとして使用する為にその部屋を使っていたとされています。
しかし、穴の開いた部屋はとても大きく動かす事が出来なかった事から、持ち運びの出来る小型化へと改良が重ねられ、1685年にコンパクトなカメラ・オブスクラが作られました。
それまでの人間が写し取るという方法から科学的に写し取る方法の研究を行った結果、1826年にフランスの発明家でもあるニセフォール・ニエプスが8時間かけて1枚の写真を写しだし、この出来事が写真の始まりとなりました。
その後、銀板を使ったダゲレオタイプや、複製が可能なカロタイプ、ガラス乾板を使った写真乾板など様々な技法が発明され、1888年には世界初のフィルムカメラが発売されました。
また、1925年には、後に大手のカメラメーカーとなるライカで研究開発を行っていたオスカー・バルナックが作ったライカIというカメラが発売され、今までに見た事もない小型でコンパクトな作品となり、当時は多くの人々から注目の的となりました。
現在では、多くのメーカーからカメラが発売されていますが、昔のカメラなどはコレクターにも人気のお品物となっています。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top