象牙・犀角・珊瑚・翡翠買取

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

象牙・犀角・珊瑚・翡翠 買取強化中

「いわの美術」では象牙・犀角・珊瑚・翡翠を高価買取しています。
出張費用・査定費用は無料です。ぜひ一度ご相談下さい。

高価買取のポイント

象牙や犀角の買取に関しては、ワシントン条約で守られている為、まず登録証が必要となります。
ワシントン条約が制定される平成元年より前に買った物や頂いた物ですと、登録証がない可能性がありますので、もし倉庫や蔵から象牙や犀角が発見された場合は、自然環境研究センターへお問い合わせ下さい。
犀角や象牙は希少価値が高いお品物である為、偽物が数多く出回っていますので、お品物の画像を頂けますと判断出来ます。
また、重さや長さを頂けますと、現在の相場からお値段をお出し出来ますので、写真と一緒に大きさや重さを頂けますと査定がスムーズに行えます。
また、珊瑚や翡翠に関しては、重さと質で価格が決まります。
珊瑚には、血赤・紅・桃・ピンク・白の色があり、高知県の近海のみで採る事の出来る血赤珊瑚は希少価値も高く、中古市場でも評価の高いお品物となります。
翡翠や珊瑚は、主にジュエリーとして加工されている事が多く、その場合は質の良さと重さ以外にも、ネックレスの金具に刻印があるかどうかでも査定額が変わってきます。
なにも刻印がなければ、珊瑚や翡翠の査定額だけですが、18Kやsilverなどの刻印がある事により金や銀の価値もプラスされます。
象牙・犀角・珊瑚・翡翠の買取は、いわの美術へおまかせ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

いわの美術が選ばれる理由

幅広い取り扱い

美術品や茶道具、絵画、お酒など多くのジャンルの品物にご対応。

全国出張無料査定

全国どこでも出張費用、査定費用は全て無料。

高価買取

常に最良の売却先を模索し直接販売しているため高価買取が可能。

買取実績10万件以上

買取対象商品

象牙一本物
象牙一本物
犀角
犀角
珊瑚原木
珊瑚原木
翡翠 香炉
翡翠 香炉
犀角杯
犀角杯
象牙彫刻
象牙彫刻
血赤珊瑚
血赤珊瑚
イッカク(一角)
イッカク(一角)
虎の敷皮
虎の敷皮
白熊の敷皮
白熊の敷皮
ライオンの敷皮
ライオンの敷皮
象牙香炉
象牙香炉

象牙・犀角・珊瑚・翡翠の最新買取実績

一覧はこちら

お客様の声

象牙の買取りをして頂きました

以前、お世話になった方からとても良いものだと言われ象牙の置物や1本物のお品物などをもらいました。 とても大切にしていたのですが、引っ越しでマンションに移る際、置き場がなくて仕方がなく売却を考えました。 きちんと査定して頂ける所を探していたらいわの美術さんにたどり着き、丁寧な査定をしていただいてとても嬉しかったです。また何かありましたらお願い致します。
〈 神奈川県横浜市磯子区在住 N.E様 〉

和装小物など買い取って頂きました

母が日本舞踊、茶道などの先生をしていて、着物や和装小物などを多数持っていました。 和装小物では主に翡翠や象牙、珊瑚の帯留など良い品物が多数あり、買取り業者を探していました。 宅配で買い取って頂いたのですが、まとめていいお値段でお買取りして頂きました。 ありがとうございます。
〈 東京都在住 G.Y様 〉

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

こちらの商品と一緒ならさらに査定額アップ

骨董品・陶磁器・漆器・金属工芸

陶磁器、漆器、金属工芸、軍物、武具刀剣などや各種習い事お道具、なんでも拝見いたします。

掛軸・書画・版画

日本作家や中国作家、骨董から現代作品まで扁額、浮世絵、版画、春画など様々ご対応しております。

着物・和服

アンティーク着物や伝統工芸、人間国宝などからシミのある着物や反物、小物まで様々取扱い可能です。

豊富な取扱作家

買取作家・取扱いの一例です。その他の作家も豊富にお取扱いしておりますので「一覧をみる」ボタンより詳しい買取作家・取扱いをご覧ください。

象牙・犀角・珊瑚・翡翠の買取について

象牙とは象の牙と書きますが、実際は門歯と呼ばれる真ん中の歯で、生きている限り成長は止まる事なく、大きい物で長さ3m・重さ90㎏に達すると言われています。
象牙が加工品として使われていたのはヨーロッパの旧石器時代が発祥とされ、象牙で作られた槍のような物が発見されています。
その後、ギリシャやイギリスなどで工芸品として使用されていましたが、象牙をやたら捕獲したりした事で値が高騰し、代用されるセルロイド製の作品も生まれました。
日本では、鎌倉時代や室町時代に象牙の輸入が確認されていて、中国や東南アジアから輸入していましたが、象の捕獲が頻繁に起こるようになった事で絶滅危惧種と認定されます。
これにより、象の保護を目的としたワシントン条約が平成元年に制定され、登録証がなければ取引が禁止となりました。
象牙と同じように絶滅危惧種としてワシントン条約により取引が制限されている犀角ですが、中国では薬として使われていたそうで、現在でも象牙と同じくとても希少価値の高いお品物となっています。
また、現在置物やジュエリーで多く使われている珊瑚と翡翠ですが、この2つも昔から多くの人々に愛用されていました。
珊瑚はローマ時代からお守りとして身に付けられていて、日本には奈良時代以降シルクロードを渡って伝わり、現在では3月の誕生石としてネックレスや指輪、ブローチにも使われています。
一方翡翠は縄文時代の日本が発祥とされ、壊れにくい特性から武器の材料に使われていました。
中国では、どんな宝石よりも価値が高いとされ、装飾品や置物などに加工されていて、翡翠の香炉などは現在の中古市場でも見る事ができます。
また翡翠には、不老不死や生命の再生をもたらす力があるとされ、遺体を翡翠で囲むという事を行っていたそうです。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top