書道具買取

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

書道具 買取強化中

「いわの美術」では書道具を高価買取しています。
出張費用・査定費用は無料です。ぜひ一度ご相談下さい。

高価買取のポイント

書道具で買取できるお品物は、筆・墨・硯・文鎮・半紙・画仙紙・硯箱・水滴など様々な種類があり、主に日本製と中国製に分けられます。
書道する際に欠かせない筆は、大筆・中筆・小筆の三種類があり、それ以外には書き初めなどで用いられる太筆などもあります。
書道の筆は、未使用品でも使用品でもお買取りは可能ですが、使用品は売る前にお手入れして頂く事をオススメ致します。
そのままの状態でもお買取りは可能ですが、墨がついたままですとそこの部分だけ固まってしまい、毛が抜けてしまう事もありますので、使用したら洗って乾かして下さい。
硯には、日本製の物は少なく、主に中国製の物が市場で出回っています。
中国硯で買取可能なお品物は、端渓硯・歙州硯・洮河緑石硯・澄泥硯・松花江緑石硯・紅糸石硯・陶硯と呼ばれるお品物があり高価買取の可能性がございます。
硯には、共箱がついているお品物もあり、そこに作家名が書かれている事がありますので、
必ず硯と一緒に保管して頂く事をオススメ致します。
書道具では、主に中国製のお品物が中古市場でも人気となり、宋時代など古い時代に作られたお品物ですと高価買取が期待できます。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

いわの美術が選ばれる理由

幅広い取り扱い

美術品や茶道具、絵画、お酒など多くのジャンルの品物にご対応。

全国出張無料査定

全国どこでも出張費用、査定費用は全て無料。

高価買取

常に最良の売却先を模索し直接販売しているため高価買取が可能。

買取実績10万件以上

買取対象商品

硯箱
硯箱
筆
墨
硯
水滴
水滴
水盂
水盂
画仙紙
画仙紙
印材
印材
筆筒
筆筒
筆掛
筆掛
硯屏
硯屏
筆枕
筆枕

書道具の最新買取実績

一覧はこちら

お客様の声

書道具を大量に買い取って頂きました

自分の母が書道の先生をしていて、沢山の書道具が箪笥に眠っていました。 捨てようとも考えましたが、母が大事に使っていた物を捨てられず買取業者に頼みました。 宅配で買取して頂き、母が大事に使っていた物が他の方にも大事に使われる事を天国の母も喜んでいると思います。 本当にありがとうございました。
〈 神奈川県横須賀市在住 S.O様 〉

良い金額で買い取って頂きました

自分の父が硯を集めていてそれを処分するのにいわの美術さんにお願いいたしました。 宅配でお買取りして頂いたのですが、電話対応からメール対応、入金手続きまで素晴らしい対応で気持よくご売却出来ました。また金額も高かったので大変満足しています。ありがとうございました。
〈 神奈川県相模原市在住 I.H様 〉

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

こちらの商品と一緒ならさらに査定額アップ

骨董品・陶磁器・漆器・金属工芸

陶磁器、漆器、金属工芸、軍物、武具刀剣などや各種習い事お道具、なんでも拝見いたします。

掛軸・書画・版画

日本作家や中国作家、骨董から現代作品まで扁額、浮世絵、版画、春画など様々ご対応しております。

着物・和服

アンティーク着物や伝統工芸、人間国宝などからシミのある着物や反物、小物まで様々取扱い可能です。

豊富な取扱作家

買取作家・取扱いの一例です。その他の作家も豊富にお取扱いしておりますので「一覧をみる」ボタンより詳しい買取作家・取扱いをご覧ください。

書道具の買取について

書道具とは書道で使う道具の事を指し、筆・硯・墨・半紙・文鎮・硯箱などの種類がございます。
書道は中国が発祥とされ、いつの時代に生まれたかというはっきりした事は明らかになっていませんが、殷代末期には漢字のような物が生まれ、時代の流れとともに形が変わっていきました。
その後、弥生時代になると中国から漢字が伝わり、日本での書道の歴史が幕を開けます。
中国から漢字が伝わった弥生時代では、漢字を使いこなす事が出来ず長い間本来の意味で使われていなかったと言われています。
しかし、飛鳥時代に入ると仏教が伝わるのと同時に写経も盛んに行われるようになった事で、漢字や書道が急速に発展していきました。
奈良時代に入ると、写経が更に盛んに行われた事により書道も発展を続け、日本書紀と呼ばれる日本最古の歴史書が作られました。
また、現在私たちが普通に使っている平仮名は、平安時代の中期に男女差別によって女性は漢字を学ぶ事を禁止された為、漢字を書きくずした草仮名をもっとくずして平仮名が生まれました。
女性達が平仮名を書くようになった事で、平安時代の中期はかな書道の黄金期と呼ばれました。
中国から伝わり発展を遂げてきた書道で使われる書道具も、歴史を感じさせるお品物が数多くございます。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top