【端渓硯】書道具の買取実績一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取実績一覧

端渓硯

端渓硯

お品もの詳細

こちらのお写真のお品物は以前、いわの美術がお買取した端渓硯(たんけいけん)という硯です。
端渓硯は中国の硯という事で唐硯に分類されますが、日本でも重宝されている硯の一つで、墨をするために必要な鋒鋩(ほうぼう)と呼ばれる目に見えない細かい凹凸の品質が高いと人気があります。
そのため端渓硯は高値で取引されており、中古市場でも注目を集めているため、高価買取が期待できる硯の一つです。


端渓硯は中国広東省広州にある端渓と呼ばれる谷川から採掘される石を使った硯で、唐代からこの石を使って硯が作られるようになり、宋代で量産されるようになった事でその品質の高さから有名となり、丁度その頃に日本に渡ってきたと言われています。
採掘される坑道によってランク付けがされており、上から順番に老坑、坑仔巌、麻仔坑、宋坑、梅花坑、緑石坑となっています。
中でも老坑、坑仔巌、麻子坑は年々採掘される量が減ってきており、現在では採掘が中止され、老坑、坑仔巌、麻子坑の端渓硯は価格が高騰してきています。


今回、お買取した端渓硯は海や丘のない硯板(中国では板硯)に仕上げられているものでした。
硯板に仕上げる場合の主な理由として、「刻するのが惜しまれる逸材」という場合で、端渓硯は素晴らしい硯という評価がありますので、お買取した端渓硯も石の模様をいかすように最小限の彫刻だけで仕上げられていました。
使用感はだいぶ感じられましたが、中古市場でも人気の端渓硯という事でしたので、高価買取となりました。


硯の買取についてはコチラ!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top