【小刀 武蔵國水心子藤原良明】日本刀・甲冑・武具の買取実績一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取実績一覧

小刀 武蔵國水心子藤原良明

小刀 武蔵國水心子藤原良明
作家名
武蔵國水心子藤原良明

お品もの詳細

今回、いわの美術がお買取りしたお品物は武蔵國水心子藤原良明の小刀(切り出しナイフ)です。
武蔵國水心子藤原良明は本名を加藤真平といい、初代・良明(加藤兼国)の三男として生まれました。
加藤真平には2人の兄がいましたが、どちらも父親の跡を継がず、別の道に進み、加藤真平が堀井胤明、父親の加藤兼国、伯父の加藤真国に学び、刀匠となり、数々の賞を受賞し、後に2代目継ぐようになります。

加藤真平の鍛えた「良明」銘の切り出し作品は大工道具愛好家の間でも広く知られており、高い評価を受けており、中古市場でも高値で取引されており、高価買取が期待できる刀匠です。
2代・良明となってからは刀匠銘を実名の「加藤真平」や「加藤長左衛門真平」と名乗り、包丁・切り出し・鉈などの打刃物を制作しており、玉鋼以外で鍛つ時は本号の「真平」でなく、「良明」銘で制作しています。
その中でも出来の良い上等な作品になればなるほど文字の多い銘を切っており、それは「良明」から「武蔵国水心子藤原良明」までとなっており、今回お買取りした小刀は「武蔵国水心子藤原良明」でしたので、加藤真平の鍛えたものの中では上等な作品という事が分かります。
昭和甲子年五月と刻まれており、十干十二支(じっかんじゅうにし)の呼び方で、60年で一巡するようになっており、昭和59年に制作されたものというのが分かります。
現在、息子の加藤清志が3代目を継ぎ、「良明」銘を切っていますが、襲名したのが平成12年ですので、今回お買取りした作品は2代目である加藤真平の作品という事になります。
お買取りした小刀は錆びなどもまったくなく、良い状態で保管されていましたので、高価買取とさせて頂きました。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top