【縁頭】日本刀・甲冑・武具の買取作家・取扱い一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取品目一覧

縁頭

縁頭
縁頭
日本刀を帯びる際に使用する外装を刀装あるいは拵えと呼び、これに附帯する装飾金具の事を刀装具といいます。
縁頭はその刀装具の一つです。

刀を握る持ち手の部分を柄と呼びますが、縁頭はこの柄の前後にある金具の事で、刀の切っ先に近い方を「縁」といい、切っ先から遠い方を「頭」と呼んでいます。
この縁と頭は同一意匠となっているのが基本で、古い時代では角を素材とした頭が作られており、江戸時代以降は金属製で縁と頭で一対としたものが多くなりました。
頭は板状の地板を打ち出して曲面を造り出す手法と、一つの地金を彫り崩して造る工法や、鋳造の例があり、主に前者の方法が用いられています。
縁は板状の地金を打ち曲げて楕円形の筒を造り、この一方の開口部に刀の茎の断面状に切り抜いた素銅などの板を嵌めこみます。

そんな縁頭ですが、装飾金具としてだけではなく、頭は刀にかかる衝撃を保護し、戦いの中で相手のみぞおちや眉間を打つ事ができ、縁は刀を振り下ろした衝撃で柄が割れるのを防ぐという実用性も兼ね備えています。
また、頭の用途として最も重要だと言われているのは、鞘に刀が収められている状態で斬りたい方向へ頭を向けると刀を抜いた時に自然と切っ先がその方向へ向き、より正確な攻撃を行う事ができる事です。

縁頭は装剣金工たちによって芸術品と呼んでも過言ではないものがたくさん制作されており、平田派、後藤派、横谷派、奈良派、正阿弥派など様々な流派が独自の意匠を生み出していきました。

縁頭代表作


『仁王図縁頭』
『橋懸け三番叟図縁頭』
『三国志図縁頭』

『仁王図縁頭』

『橋懸け三番叟図縁頭』

『三国志図縁頭』


縁頭高価買取ならいわの美術にお任せください!

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top