【ボンボニエール 三越製】骨董品の買取実績一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取実績一覧

ボンボニエール 三越製

ボンボニエール 三越製
作家名
三越製

お品もの詳細

今回、いわの美術がお買取したお品物はボンボニエールです。
ボンボニエールとはフランス語で砂糖菓子(ボンボン菓子)を入れる容器の事を言い、ヨーロッパでは子供の誕生祝い、結婚祝いなどの慶事に際して砂糖菓子が贈られる事が多く、この砂糖菓子を入れたボンボニエールとともに記念品として使われています。
日本でも、近代以後の宮中晩餐会では、金平糖を納め、細工を施されたボンボニエールが記念品として配布されるのがいつの頃から習わしとなり、見事な細工を施されたボンボニエールが150種類近くも作られています。

もともと日本でも慶事の引き出物として菓子器が存在していましたが、明治以降に西洋の文化が取り入れられるようになり、「ボンボニエール」と称され、使用されるようになりましたが、宮中行事の中に定着する過程ははっきりと記録に残っていないそうです。
はじめて、記録として残っているのは、明治27年の明治天皇と昭憲皇太后の銀婚式にあたる大婚25年晩餐会の引き出物として使用された銀製の菓子器でしたが、まだこの時点では「ボンボニエール」とは呼ばれていませんでした。
公式記録として「ボンボニエール」と記載されていたのが、昭和3年の昭和天皇即位大礼の宴会に際して配布されたものでした。

今回、お買取したボンボニエールは大正4年に京都御所で執り行われた大正天皇即位式で配布されたボンボニエールで、「八稜鏡形鳳凰文ボンボ二エール」と呼ばれています。
デザインは、唐鏡のひとつで、円鏡の周囲を八枚の花弁状に縁どった八稜鏡を模っており、鏡中央の鈕に相当する部分に金の菊紋を配し、瓔珞をくわえて向かい合う一対の鳳凰と瑞雲を表しています。
箱底面には格挟間を設けた台を取り付け、いっそう格式高いものにしているのも、このボンボニエールの特徴です。
お買取したものは、黒くくすんでいましたが、綺麗な状態であれば光り輝くほど美しい姿をしています。
もちろん、綺麗な方が買取額は高くなりますが、宮中行事の中で配布されるボンボニエールは大変貴重なお品物でコレクターも多いため、高価買取で対応させて頂きました。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top