【アントワーヌ・ルイ・バリー ブロンズ像】美術品の買取実績一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取実績一覧

アントワーヌ・ルイ・バリー ブロンズ像

アントワーヌ・ルイ・バリー ブロンズ像
作家名
Antoine-Louis Barye アントワーヌ・ルイ・バリー

お品もの詳細

美術品買取を行ういわの美術では、年間多くのブロンズ像の買取のお取扱実績がございます。

今回、お買取したブロンズ像は、フランスの彫刻家Antoine-Louis Barye(アントワーヌ・ルイ・バリー)のTiger Huntと題された虎狩りの様子を表現した作品です。


主に19世紀に、動物をリアルに描写する技術を持った人物として、有名になった芸術家の一群を指してanimalier(アニマリエ)という言葉がありますが、アントワーヌ・ルイ・バリーは、フランスで最も有名なアニマリエの彫刻家で、リュードやプレオーとともにロマン主義彫刻を代表する作家として知られています。


パリの金銀細工師を父に持つアントワーヌ・ルイ・バリーは、版画工房で見習いを始めたのち、金銀細工師の工房に入り、溶鉱から彫金技術まで一通りの技術を習得し、この時代の厳しい修行を通して、独自の緻密な線描と、巧妙なデッサンを穫得したといわれています。

また、バリーは植物園に通い、生きた動物の観察を通してその姿勢や動作を研究するとともに、解剖学の講義にも頻繁に出席し、小さな動物像を制作し始めました。


動物解剖学にも精通したバリーは、大胆な簡潔表現によって、伝統に縛られない独自の手法を作り出しましたが、劇的さをもって動物像を生み出そうとしたバリーの彫刻作品は、公的機関から激しい批判にさらされ、バリーは挫折と失望を味わいました。

しかし、オルレアン公をはじめ裕福な愛好家からは、バリーのアカデミズムから離れた技法は高く評価され、次第にそのブロンズ製の動物彫刻作品は、世間で広く認められることになりました。


今回お買取したアントワーヌ・ルイ・バリーのTiger Huntも、解剖学に通じた精緻な表現力が集約されたような精巧で力強い作品です。

サイズは、 縦29×横75×高さ61.5センチ、重さ58kg程と大きく、筋肉や顔の表情、質感などが非常に良く表現された重厚な作品です。Baryeと彫られたサインも確認でき、好評価にてお買取を行いました。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top