【上村松園 リトグラフ「牡丹雪」】絵画の買取実績一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取実績一覧

上村松園 リトグラフ「牡丹雪」

上村松園 リトグラフ「牡丹雪」
作家名
上村松園

お品もの詳細

今回お買取したお品物は、上村松園のリトグラフで「牡丹雪」という作品です。
上村松園は、近代日本画を代表する女流日本画家で、女性目線で描かれた端正な美人画は、鏑木清方と並び、「西の松園、東の清方」と称される腕前で、格式の高さを感じさせるといわれています。
また、技量の高さだけではなく、女性初の文化勲章受章者となり、女性でも日本画界で活躍できると証明してみせた人物としても知られています。


そんな上村松園ですが、本名を津禰(つね)といい、京都の下町で育ったとされています。
幼い頃から絵を描くことが好きだったようで、日本で最初に作られた画学校へ12歳の頃に入学しています。
しかし、学校で学ぶよりも、リスペクトできる師に学ぶほうが賢明と考え、学校を退学しています。
後に、鈴木派の豪快な作風で知られている鈴木松年に師事すると、画家としての才能を開花させ、鈴木松年より「松園」という号を与えられています。
それからの上村松園は、技量向上を目指し、教育者として評価が高い幸野楳嶺(こうのばいれい)や、近代日本画のパイオニアで京都画壇の実力者としても知られる竹内栖鳳(たけうちせいほう)などに師事しており、表現に広がりをみせ、受賞を重ねるなど活躍を見せていました。


しかし、当時の日本では女性軽視の傾向が強かったことに加え、日本画壇は男性社会だったこともあり、上村松園の活躍はライバルの男性画家達からの激しい嫉妬と憎しみを生んだようで、ライバルを称えない残念な有様はとても酷いものだったそうです。
そんなイジメにも耐え、ストイックに作品を制作し続け、良き理解者であった母がこの世を去った事をきっかけに、無駄のない線と造形にはっきりとした色彩へと変化したといわれています。
後に、「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」と上村松園自身の言葉どおり、残されたどの作品も女性の芯の強さが表現されており、今回お買取したお品物も、「素敵」という言葉が非常に合うお品物で、作品自体の状態も良いということもあり、高価買取となりました。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top