【シュテファン・ルキアン静物画・油絵】絵画の買取実績一覧

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
買取実績一覧

シュテファン・ルキアン静物画・油絵

シュテファン・ルキアン静物画・油絵
作家名
シュテファン・ルキアン

お品もの詳細

シュテファン・ルキアンの絵画を買取ります

今回いわの美術が買取りましたのはシュテファン・ルキアンというルーマニアの画家の静物画です。写真で伝わりにくい面でありますが絵具の置かれ方が敷き詰められたような筆触でユニークな作品です。一見たどたどしいようにも見える程ていねいなマチエルである深い理由は、画家・シュテファン・ルキアンの生涯のうちにありました。
こちらの作品には確かなサインが入っており、シュテファン・ルキアンの画業において半ばから後半の間の作品と認めることができたため、無事、買取成約いたしました。


シュテファン・ルキアンの生涯と創作について

~絵画の買取はいわの美術へ~

シュテファン・ルキアンルーマニアのステファネスチ、ボトシャニ県の村でドミトル・ルキアン、エレナ・チリアチェスクの息子として生まれました。
ルキアンの母エレナは、彼が父親と同じ道をたどり、軍事学校に入学することを望みました。
ルキアンは軍事学校に入る代わりに1885年に彼の美術を創造する人生全体に大きな影響を与えた二コラ・エグリゴレスクより、キャリアを追求するために奨励された美術学校の絵画科に入学します。シュテファン・ルキアンは1889年秋にコレッジオでの学びを開始まもなくレンブラントの模写を製作し、ミュンヘン美術学校で2学期の間勉強しました。ルーマニアに帰国後、「Cercul」という芸術家集団の最初の展覧会に参加しました。彼はそこでドイツ・バイエルンとルーマニアの美術学校から課せられたアカデミズムを受け入れることができない自分自身を表しました。彼は厳格なアカデミ―画家であるウィリアム・アドルフ・ブグローに師事しますが、次の年にパリのアカデミージュリアンで学び、いったん放置した後に描かれた作品「最も新しい秋の家」ではエドゥアール・マネエドガー・ドガの影響が見られます。印象派の作品を描く芸術家と知り合いになっただけでなく、当時のアンデパンダン展やモダニスム、ポスト印象派がルーマニア・ブカレストの美術シーンに与えた影響も明らかに彼にとって大きな報酬でした。1896年にシュテファン・ルキアンはコンスタンティン・アルタキーノ、そして美術コレクターのアレクサンドル・ボクダン・ビーシュティと共に、シュテファンルキアン公式サロンを始めます。(彼はルーマニアと同時期の前の機会に始まったブカレストの独立派サロンの主な創始者の一人でした)2年後にグループがイラストレーターの集団「ソシエテア・イリアナ」とその出版の組織「イリアナ」を創出することにつながります。その時からルシアンは作品にみられる象徴的な要素を統合し始めました。関連のある様々な当時の流行、アールヌーボー、ユーゲント・シュティール(世紀末様式)とミール・イスクスーツヴァ(「芸術世界」という名の雑誌)からインスピレーションを得たといいます。1900年、ルキアンは2点のパステル画をパリ万博のルーマニア・パビリオンに献上し貢献しました。
同じ年に、ルキアンは多発性硬化症の初期症状に苦しみました。いくつかの初期症状が回復した後、のこされた余命のために彼は苦悩します。ルキアンは描くことを続け、1915年まで、彼の絵画は公衆からは無関心だったにも関わらず、数多くの展覧会に展示されていました。
1905年のルキアンの展覧会で作品を買ったのは唯一、彼のもと教師だった人物グレゴレスクでした。ルキアンは劇作家のイオン・ルカ・カラジャーレを含む少数精鋭な文化人によって理解されていたにも関わらず、貧困の中に生きました。すでにルキアンは両親より相続した遺産を徐々に切り崩していたのです。

~シュテファン・ルキアンと苦楽を共にしたルーマニア文化人たち~
シュテファン・ルキアンは1909年に多発性硬化症の麻痺の症状に見舞われ、残りの人生を車いすで過ごさねばなりませんでした。この時期に発症以前までの風景や花のシリーズ全般に取り組むものの、病状の進行予防はかないませんでした。1908年から彼は作品の主題に全ての創造的なエネルギーを集中しました。1913年に最期の作品「インテリア(ロルカ)」(ロルカという名の女性が室内に佇む様子を描いた画)を遺しました。人生の終わりが近づくにつれて、ルキアンはもはや手指で絵筆をつかむことができなかったため、手首に絵筆を結びつけて描きました。
ルキアンのキャリアは確信ある成功をかなり愉しみながら始まりました。
作家チューダー・アルゲツィはルキアンの絵画を複数購入しました。
当時の政治家イオネスク最初の内の一時的な支持の上昇による現象から、イオネスクは人々がファッションやライフスタイルを模倣(まね)する対象となっていました。
ルキアンの病が悪化するにつれ、ルキアンは絵画を他の誰かにルキアンの名前で描かせているという噂が広がり、ルキアンは詐欺罪のもと逮捕されるというスキャンダルが起きました。(その後まもなく彼は釈放されています)アルゲツィはルキアンの擁護者の一人であることについて誇りをもっていました。ルキアンの人生の最後の出来事の一つは、作曲家・ヴァイオリニストであるジョルジュ・エネスクによる彼の家への訪問でした。エネスクはひとりの芸術家の死に対する個人的な追悼、芸術家への賛辞としてヴァイオリンを演奏しました。ルキアンはブカレストで死亡したのち、ベル墓地に埋葬されました。
1930年代までのルーマニアの芸術におけるシュテファン・ルキアンの影響は、何人かの批評家からは彼の作品の数と発表の回数が少なかったことから、人生の詳細は誇張されているという主張をもって評価が低く、ルーマニア文化界においては議論の対象になっていました。
アルゲツィは再びその論争に巻き込まれ、ルキアンの美術を支援し、ルキアンに対して言い表された嫉妬や批判に対して、ルキアン支持者として情熱的な反対意見を書きのこしたといいます。

~シュテファン・ルキアンの買取お問い合わせはいわの美術へ~

そうした複雑な経緯を経てシュテファン・ルキアンは死後の1948年に再評価され、ルーマニア・アカデミーに選出されました。ルーマニアには彼の名を冠した美術学校が存在しています。
シュテファンの作品はルーマニア国立美術館にも所蔵されております。
シュテファン・ルキアンの作品の買取については無料オンライン査定
あるいはタイトル、サイン、証明書、鑑定書の有無などわかる限りを確認のちのお電話よりご遠慮なくご相談くださいませ。


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top