【骨董品買取の豆知識】階段箪笥や船箪笥など、骨董品店での買取が期待できる和箪笥の種類

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
骨董品・美術品のお役立ち情報

【骨董品買取の豆知識】階段箪笥や船箪笥など、骨董品店での買取が期待できる和箪笥の種類

【骨董品買取の豆知識】階段箪笥や船箪笥など、骨董品店での買取が期待できる和箪笥の種類

ご自宅の物置や蔵などに古い和箪笥はありませんか?新築・改築などに伴って和室を設けない家も増え、使い道がなく持て余してしまうケースもあるでしょう。年代物の和箪笥は、骨董品として買い取ることができる場合もあり、状態次第ではかなりの値が付くこともあります。

今回は、階段箪笥・船箪笥などの和箪笥を骨董品買取店に買取に出す際のポイントについてご紹介します。

 

【骨董品買取店で買取できる和箪笥1】階段箪笥

階段箪笥は箱箪笥とも呼ばれ、階段の下のスペースに置くために作られた階段型の箪笥を指します。元は、江戸時代初期に京都などの町家文化で発祥したもので、当時の人のユニークな発想にあふれた元祖アイデア家具ともいえるでしょう。

当時は階段の下に置かれたり、実際に階段代わりとして使用されたりしていましたが、現在ではそのまま置いて段飾りのように、盆栽や置物などを飾るスペースとして使われることが主流です。

明治や大正の時代に作られ、欅(けやき)などの硬い木が使われた状態の良い箪笥が、骨董品としての価値がある階段箪笥とされています。

 

【骨董品買取店で買取できる和箪笥2】船箪笥

明治~大正期に弁財船(北前船)での輸送が盛んだった頃、船乗りが持ちものを船内で保管するために使われた、現代でいうポータブル金庫のような小さな箪笥です。そのため、万が一船が遭難したときにも破損しないよう、堅牢に作られています。

さらに、収納物の盗難を防ぐため、箪笥の内部には簡単に開けられないようさまざまなからくりが施されていることも特徴です。

主に貴重品を収納していた「かけ硯(すずり)」と、衣類を収納する「半櫃(はんびつ)」など、用途別に種類があり、いずれも豪華な装飾によって外観も芸術品のように美しく造られています。

 

ちなみに、今では一般的な呼び名である船箪笥という名称は、美学者として知られた柳宗悦が名付けたという。また、船箪笥が骨董品としての価値を評価されるときの基準には、年代や状態の良さに加えて、外観の装飾の美しさや内部のからくりの複雑さなども含まれます。

 

その他、骨董品としての価値がある和箪笥の種類

衣装箪笥

金属製の取手や飾り金具などで豪華に装飾された、和箪笥の1つです。昔の裕福な家庭では、贅沢に装飾を施した衣装箪笥を嫁入り道具として娘に持たせることで、家の富や品格を示していたともいわれています。

骨董品買取店で買い取ってもらえるものは、明治期などに作られた年代物の他、著名な作家が製作したものや、有名な産地で生産された民芸家具などが主体です。

 

薬箪笥

多くの薬を分けて収納する医者や薬屋のために作られた、数多くの小引き出しが特徴的な箪笥です。医師や薬屋それぞれの希望に沿った仕様で1つ1つ生産されていたため、引き出しの数や大きさが箪笥ごとに微妙に異なっています。

時代劇などの医師が登場するシーンでよく見かけられますが、江戸期~明治期の本物のアンティークは希少で、骨董品の市場でも人気です。

 

おわりに

今回は、骨董品店で買い取ってもらえる和箪笥の種類についてご説明しました。和箪笥の歴史は江戸時代からと意外に新しく、当時は長期の使用を想定し頑丈な木材で作られたものが多かったため、江戸期や明治期のものが今でも良い状態で多く残っています。

きれいなまま蔵などにしまわれている昔の和箪笥があれば、骨董品店で買い取ってもらえる可能性もあるため、まずは査定をしてもらってはいかがでしょうか。

 

「いわの美術」では、骨董品の他にも着物や茶道具を始めとした幅広いお品物を買取しています。ぜひご利用をご検討ください。

 

記事の分類

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top