エリザベス・ペイトン【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

エリザベス・ペイトン

2016.2.18

エリザベス・ペイトン

1965年アメリカ、コネチカット州、ダンベリー生まれ
ニューヨーク・スクール・オブ・ビジュアル・アーツで絵画を学びました。
ペイトンの初個展は1987年ニューヨークのアルシア・ヴィア・フォーレで開かれ、初個展以上に話題となった個展は1993年にナポレオンやマリー・アントワネットの肖像画を描いた絵を並べ、往年のアーティストが好んで泊ったとされるチェルシーホテルを会場に選んで開催された展示でした。

エリザベス・ペイトンの特徴


エリザベス・ペイトンの絵画作品やドローイングは、色鮮やかな色彩と「これなら誰にでもかけるのでは?」と思わせるような、上手いのかへたなのかわからない独特の線に魅力がある人気のアートです。エリザベス・ペイトンのスタイルにみられる「ニュー・フィギュラティブ・ペインティング」(新しい具象)と呼ばれた分野においては、絵画らしい絵画を発表したいアーティストと、部屋に飾れるような絵画を求めたコレクターたちのニーズがあり「何が描かれているか」という点と「絵の内容が意味している事柄」が重視される傾向が復活します。



絵や作品に表された事柄の現代性、センセーショナルさ、アーティストが主体性をもって成される時事的な社会問題への言及や考えがあるかどうか等も注目されるようになりました。
こうして「セレブ」と呼ばれる各界の有名人たちや政治家の姿もモチーフとなり、マスメディアである新聞、ニュース映像、雑誌の記事にある写真を基にした図が積極的に描かれるようになった傾向を、エリザベス・ペイトンの表現は見事に体現しています。


エリザベス・ペイトン買取り

例えばエリザベス・ペイトンは時代を象徴するファッションモデルや、若者に人気のロック歌手、アメリカの大統領などを描き切り、鮮やかな人物画にはユーモアとイノセンスがよく表れています。どんな有名人でも人間らしい表情を拾って描くことで、私たちに親近感をわかせる効果ももたらします。

いわの美術では、マンションやアパートの住居に飾るためにちょうど良いサイズの海外現代アート・人気作家の小品買取り成立の可能性もゼロではありません。査定は無料となっておりますので、ぜひ作品の写真を無料オンライン査定へご送付ください。


お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top