数寄者【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

数寄者

2016.1.15

数寄者

数寄者(すきしゃ)とは 数寄とは風流・風雅に心を寄せることを表します。

「数寄」に「者」(ひと)を加えて風雅なことに心をよせるひとを「数寄者」といい、近世以降は茶湯:ちゃとう(意味:仏前・霊前に供えるお茶)と同じような意味で用いられるようになったことに応じて、茶の匠についても「数寄者」と呼ぶようになりました。




16世紀の初めに金春禅鳳(こんぱるぜんぽう)は『禅鳳雑談』という書物の中で

『すべての諸道(道がつくあらゆることがら)は、習いと数寄と器用と三也、この三揃へばいずれの道も上手の名を得る也、一闕(いちかく)れば申分(もうしぶん)也(なり)この三つのうちにては数奇(寄)肝要ならんか』

「すべての「道」がつくあらゆる事柄は、習いと数寄(すき)と器用で成り立つ。この三つがそろえばいずれの道も上手という評価を得て、一つでもかければ満ち足りていないようなこととなる。この三つがそろうには、数寄が肝要なのではないか」

と遺しています。

この場合の数寄は、茶に心を強く惹かれていること、とても好きで執着している心があることを基本とすることを意味していました。

ジョアン・ロドリゲスというポルトガル人の司祭が著した日本語の歴史を研究する人向けの辞書日葡辞書』(にっぽじしょ)にも「数寄者」の項目があり、「茶の湯を行い、その芸道に携わるもの」という解があり、ヨーロッパまで茶の湯や数寄のことは知られていたということがわかります。


山上宗二

茶人の山上宗二『山上宗二記』のなかで、茶人を

  1. 茶湯者 ちゃとうもの『目利きにて茶の湯も上手、数寄の師匠をして世を渡るは茶の湯者』:目利きで茶の湯も上手であり、数寄の師匠をして生活するものは茶湯者(ちゃとうもの)という)
  2. 数寄者 すきもの『一物も持たず 胸の覚悟が一(いち)、作意(創意工夫)が一、手柄(手腕)が一、この三か条の整いたるを詫び数寄』:一つの物も持たずに、胸の覚悟をひとつ、創意工夫をひとつ、手腕をひとつ、この三カ条の整う者を詫び数寄という。(詫び数寄=詫びた数寄者)
  3. 名人 めいじん『唐物所持し、目利きも茶の湯も上手、この三か条整い、一色(いっしょく)志(こころざし)深きは、名人』:中国由来の品を持ち、目利きも茶の湯も上手でこの三か条が整い、志が一色に深い者を名人という

という三段階に厳密に分類し定義しました。

数寄 名人

戦国時代から安土桃山時代にかけての山上宗二と同時代の名人には

  1. 村田殊光
  2. 鳥居引拙
  3. 武野紹鴎

の三名が名を連ねていました。

それに従い、数寄者の基準は詫び数寄を加えるとやや独りよがりやお高く止まったようなといった見受けられますが、ここでは山上宗二が「数寄の師匠をして世を渡るは茶の湯者」と定めたことを含めて、名人に至るものはすべて数寄者として考えて良いということになっています。

千利休は山上宗二の死にあたって天正19年『多聞院日記』に「数寄者の宗益(易)今暁腹切り終わんぬ」と書きのこしました。

数寄者の基本的な条件としては詫び数寄に

「一物も持たず」とありますが、それはあくまでも精神的な姿勢について表した言葉であり「茶具足(茶道具)を奇麗にして、いろいろな茶の具足を心の及ぶほどたしなみ、持つ人」という『正徹物語』のなかにある定義が文献の中では最も具体的なものでした。そのような「数寄者」の在り方は現代まで貫かれます。

明治・大正時代には

  1. 益田孝(鈍翁)
  2. 野崎幻庵
  3. 松永耳庵

といった小田原三茶人たちや、政界・財界の富裕な人々が「数寄者」として名を残しました。

現代では、数寄者たちが蒐集し収蔵した茶道具は日本各地に美術館として公開されるに至り、数寄者とはどのような心意気であったのか、どのような茶道具を好んだかを分かりやすく見せてくれています。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top