鹿子木孟郎の作品買取ます【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

鹿子木孟郎の作品買取ます

2015.9.26

鹿子木孟郎の作品の買取を行っております

鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)は岡山県出身の洋画家で、明治~昭和時代前期に活躍し、当時の日本洋画壇の中心的存在として活躍しました。
3度にわたるヨーロッパ留学は鹿子木孟郎の作風を確固たるものにし、特にフランス最後の歴史画家と言われたジャン・ポール・ローランスに支持した事はアカデミックな写実技法と画面構成を身につけ、画家・鹿子木孟郎にとってとても大きなものでした。


鹿子木孟郎は池田藩士・宇治長守の息子として生まれましたが、伯父の家を継ぐ事となったため、鹿子木と名乗るようになりました。
岡山高等小学校を順調に卒業すると、洋画家を志すようになり、郷里で松原三五郎の天彩学舎に学び、東京へ遊学にでますが健康を害したため帰郷し、岡山中学予備校図画教員として働きます。
その一方で肖像画家として岡山、香川、徳島などを漫遊し、再度東京へ遊学し、小山正太郎の不同舎に入りました。
その後も滋賀県、三重県、埼玉県などの中学校教諭として働きます。
念願の渡欧する事になるとベルギー、スイス、イタリアなどを遊学し、帰国後は京都で画塾を開き、中沢岩太、浅井忠らと関西美術院を創設しました。
その後も2度の渡欧しており、文展を中心に活躍を見せ、関西美術院長などもつとめました。


この事からも鹿子木孟郎の実力がよくお分かり頂けるかと思います。
中古市場でも高値で取引される作品が多い鹿子木孟郎の作品は、いわの美術でも買取を強化しておりますので、ご売却をお考えでしたら、まずはお電話、メールにてご相談下さい。



鹿子木孟郎の作品買取について

鹿子木孟郎の作品は油彩画が中心ですが、水墨画も残しており、掛軸や色紙と言った作品も見られ、いわの美術では鹿子木孟郎の作品であればどんな作品でも買取る事が可能です。


鹿子木孟郎の作品買取では、お写真のようなサインや鑑定登録書などがご一緒ですと、買取額が高くなります。
また、作品の状態も重要で、絵具の剥がれ、シミ、汚れ、色褪せ、色焼けなどがない、綺麗な状態の方が買取額は高くなります。
しかし、状態が悪い作品でもいわの美術では買取を行っておりますので、処分してしまう前に一度、ご相談下さい。


いわの美術では、出張買取、宅配買取を無料で行っております。
作品の数が多い時は出張買取、作品の数が少ない時は宅配買取をお勧めしております。
どの買取方法も一度ご連絡頂いた上でお取引しておりますので、お気軽にお電話、メールにてお問合せ下さい。
なお、メールにお写真を添付して頂ければ、簡易査定を行う事ができますので、是非ご利用下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top