美濃焼の買取を行っております【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

美濃焼の買取を行っております

2015.10.31

美濃焼買取ます

美濃焼という言葉、皆さんも一度は聞いた事があるかと思いますが、美濃焼は岐阜県の土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市で盛んに焼かれている焼物で、1978年に伝統的工芸品の認定を受けました。


美濃焼は平安時代に作られていた須恵器から発展したと言われており、鎌倉時代以降には斜面を利用した窖窯(あながま)による生産が行われていました。
織田信長の時代になると経済の活性化を目的として作られるようになり、窖窯よりも燃焼効率の良い大窯が開発され、この頃に美濃焼の基礎が築かれました。
江戸時代になるとさらに生産性を高めるために連房式登窯が生まれ、昭和時代には分業制を導入し、大量生産を行うようになり、近年では100円ショップでも美濃焼が見られるようになりました。
一方で美濃焼独自の技術や機械開発により、どんな種類の焼物でも焼いてしまうといわれる日本一の焼物生産地として有名になりましたが、その事が原因で特徴がない事が美濃焼の特徴とも言われています。


そんな美濃焼のご売却をしませんか?いわの美術では美濃焼の買取を強化しており、日本全国を対象に美濃焼の買取を行っておりますので、詳しくはお電話、メールにてお問合せ下さい。



美濃焼の買取について

美濃焼は志野焼、織部焼、黄瀬戸、瀬戸黒など有名な焼物の総称でもあり、いわの美術では美濃焼であれば基本的にどんなお品物でも買取る事ができます。
特に美濃桃山陶とも呼ばれ、当時盛んに行われていた茶道の茶碗や水指などの茶道具を中心に料理を乗せるための皿、器などが美濃焼では多く制作されています。


ご自宅で使われずに埃をかぶったままになっている美濃焼はございませんか?いわの美術では、美術品、骨董品に関する鑑定には特に自信を持っており、特に古い時代に制作された美濃焼や荒川豊蔵、加藤土師萌、塚本快示、加藤卓男など重要無形文化財(人間国宝)の認定を受けた作家の作品などは高価買取が期待できます。
お問合せの際はどのような美濃焼なのか作品名、作家名、作品の大きさ、作品の種類、共箱(外箱)の有無などをお伝え頂けると査定がスムーズに進みます。
また、メールやオンライン査定では画像を添付する事が可能で、いわの美術では画像を見て鑑定を行う簡易査定も行っております。
宅配買取を希望の方はまずはメールやオンライン査定を行って頂く方がスピーディに対応でき、数が多い場合は1点1点の画像ではなく、1ヶ所にまとめた状態でかまいません。
場合によっては出張買取で対応する事もございますが、出張費などは請求する事はございませんので、ご安心下さい。
美濃焼のご売却なら、スピーディな対応を心掛けているいわの美術にお任せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top