ロイヤルクラウンダービー買取ます【2015年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ロイヤルクラウンダービー買取ます

2015.12.13

ロイヤルクラウンダービーの買取を行っております

ロイヤルクラウンダービーはイギリスの陶磁器ブランドで、ジョージ3世より「クラウン」の称号を、ビクトリア女王より「ロイヤル」の称号を賜り、イギリスで唯一の2つの称号を持つ事で知られています。
そのため、現在のイギリス王室でも使われており、過去にはチャールズ皇太子御結婚の際の引き出物、タイタニック号の一等船室の食堂などで使われていました。
この事からロイヤルクラウンダービーが高い気品と品質を兼ね備えている事がお分かり頂けるかと思います。


こちらのお写真のパターンはロイヤルアントワネットという名称が付けられており、エリザベス女王が週末を過ごされるウィンザー城の朝食用のテーブルウェアとして使われています。
この他にも18世紀にイギリスで花を描く名手として知られたウィリアム・ビリングスレイのバラの絵柄を使用したピンクストーンローズや、アン王女の結婚式の際に献上されたグリーンダービーパネルなど花をモチーフにしたパターンを多く手掛けています。
その一方で、19世紀の初頭に誕生した日本の伊万里様式を取り入れたオールドイマリといった東洋趣味のモチーフも手掛け、ヨーロッパで絶大な人気を誇りました。


ご自宅に使っていないロイヤルクラウンダービーはございませんか?
食器棚の奥に仕舞われたままになっていたり、贈答品としてもらったままになっていたりする洋食器の中にロイヤルクラウンダービーがあるかもしれませんので、一度家の中を探し回ってみると思わぬ収穫があるかもしれません。
ロイヤルクラウンダービーのご売却をお考えでしたら、年間に多くの買取実績を持ついわの美術にお任せ下さい!!




ロイヤルクラウンダービーの買取について

ロイヤルクラウンダービーにはこちらのお写真のようなバックスタンプが使われており、このバックスタンプのように「Royal Crown Derby」と社名が入っているのは1890年にビクトリア女王から御用達の指名を受けてから使用されるようになったもので、当時のものはお写真のバックスタンプとは少しデザインが違っています。
ロイヤルクラウンダービーは1750年に創業しているため1890年以前のバックスタンプも複数存在しており、基本的には王冠のマークとなっています。
古い時代のものであればあるほど、バックスタンプは分かりにくく、いたずら描きのようにも見えるクオリティのものもありますので、鑑定には専門の知識を必要としています。
いわの美術は骨董品、美術品の買取に強く、しっかりと知識を持った経験豊富な鑑定士が在籍しておりますので、正当な評価をして買取る事ができます。


ロイヤルクラウンダービーのパターンに似ている洋食器があるけれど、バックスタンプがよく分からないなど、不明なお品物であってもお気軽にご相談下さい。
お問合せの際は洋食器の種類、パターンの特徴、数量などをお伝え頂けますと査定がスムーズに進みますので、あらかじめメモなどにまとめておくと更にスムーズに進みます。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top