香月泰男の作品の買取を行っております【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

香月泰男の作品の買取を行っております

2016.3.1

香月泰男の作品買取ます

シベリア・シリーズで第1回日本芸術大賞を受賞した画家・香月泰男はシベリア抑留を受け、収容所での出来事をリアルに作品へと描きだしている事で知られています。
黒を基調とした作品は目を凝らさないと何が描いてあるのはハッキリと見えてこない作品ばかりですが、それが香月泰男の狙いだったのではないかと言われています。
一方、シベリアを題材とした作品に以外にも草花を描いた作品も残しており、こちらは明るい画面が特徴的で、自宅にある温室で夫人が育てた草花を描き出したものがほとんどです。
その温室で育てられている草花は旅行先などで見つけた拾った種を植えたもので、芽が出た時、花が咲いた時など節目にスケッチを怠らなかったそうです。
香月泰男は創作活動のほとんどを自宅で行っており、「絵が描けなくなったら死んだほうがましだ。絵さえ描いていればわしは満足」と絵が描けない日があると不機嫌になり、夫人と家族を困らせていたそうです。
口下手で愛想がないと思われがちだったそうですが、香月泰男は責任感が強く、頼まれ引き受けた仕事は自分が損をするような事があっても最後までやり遂げる責任感の強さを見せています。
エピソードの1つに小学校の壁画制作で、下絵のみを手掛けるように依頼を受け、残りは左官職人が行う予定でしたが、線の太さの違いなどが気に食わず、自分の予定があるにも関わらず、すべて一人でやり遂げたそうです。
シベリア抑留という厳しい環境を乗り越え、生に対して貪欲に生きてきた香月泰男ですが、シベリア・シリーズを発表した数年後に心筋梗塞でこの世を去ってしまいました。


現在でも高く評価されている香月泰男の作品のご売却をしませんか?
いわの美術では香月泰男の作品買取を行っており、コンディションにもよりますが、香月泰男の作品は高価買取が期待できます。




香月泰男の作品買取について

香月泰男の作品は油彩画が中心ですが、画集なども発行された年代によって買取る事が可能です。
特に香月泰男がこの世を去る前に発行された画集はファンの間でも高く評価されており、中古市場でも需要がございます。
逆に言えば、香月泰男がこの世を去ってから発行された画集は、印刷技術や画像解析の精度が上がった事で、作品の画面が見やすくなってしまい、香月泰男の作品に込めた思いが伝わってこないとファンの間では不評なのです。


そのため、お問合せの際は香月泰男のどのような作品のご売却をお考えなのかしっかりとお伝え下さい。
特に作品タイトル、もしくは描かれているモチーフ、大きさ、共シールの有無などをお伝え頂けると査定がスムーズに進みます。
また、一度に大量のコレクションのご売却をお考えであれば、無料で出張買取にもお伺いしておりますので、お気軽にお電話、メールにてご相談下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top