オディロン・ルドンの作品の買取を行っております【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

オディロン・ルドンの作品の買取を行っております

2016.3.19

オディロン・ルドンの作品買取ます

オディロン・ルドンは中野京子の著作「読み解く名画の謎」でも紹介されている19世紀~20世紀に活躍したフランスの画家で、光の効果を追い求めていた印象派が流行している中、幻想の世界を描き続け、独自の世界を築き上げた事で知られています。
オディロン・ルドンが描き出す世界は自らの心の中にある闇を描き出したものだと言われており、これには幼少期に母親から十分な愛情を受けなかった事が大きく関係しています。


オディロン・ルドンは本名をベルトラン・ジャン・ルドンと言い、これは父ベルトランの名をもらったものですが、母マリーの通称「オディーユ」に由来する「オディロン」の愛称で呼ばれており、自他共に終生この名で生活をしていたようです。
そんなオディロン・ルドンですが、生まれてすぐに里子に出され、病弱であった事から友達もできず寂しい少年時代を過ごし、心には小さな闇が生まれていました。
その闇を受け入れるかのように絵を描く事で自我を保ち続けたオディロン・ルドンは、フランス画壇を牛耳っていたジャン=レオン・ジェロームに師事しますが、自らの世界に閉じこもりたいオディロン・ルドンにとってジャン=レオン・ジェロームのアカデミズムはなじむ事ができませんでした。
その後、植物学者アルマン・クラヴォーと知り合い、顕微鏡下の世界に魅せられるようになると白と黒の世界で植物学の影響が見られる作品を展開し、断頭や目玉などモノクロの版画で絶望感を感じる作品や、人間の顔を持った植物のようなもの、動物のような顔で笑う蜘蛛など、どこか愛嬌のある作品を発表し続けました。
そんなオディロン・ルドンの作品にも結婚という人生の転機をきっかけに、作品に色が登場するという心境の変化が起こりました。
そして鮮やかな色彩を用いるようになり、油彩画、水彩画、パステル画など多くの作品を展開し、特に花瓶に挿した花はより鮮烈な色彩で描かれ、初期の頃の作品と比べると、とても同一人物の作品とは思えません。


そんなオディロン・ルドンの作品をお持ちではないですか?
いわの美術では、オディロン・ルドンの作品の買取を行っており、高価買取も期待できますので、まずはお電話、メールにてお気軽にお問合せ下さい




オディロン・ルドンの作品買取について

オディロン・ルドンは油彩画、水彩画、パステル画などの肉筆の作品から、リトグラフなどの版画の技法を用いた作品を展開しており、これらは高価買取が期待できます。
一方、オディロン・ルドンは人気作家ですので、印刷物のポスターも市場には出回っていますが、こちらは作品としての価値は非常に低く、いわの美術では買取る事ができません。
また、作品集などは高価買取とはなりませんが、中古市場でも需要があるため、いわの美術でも買取を行っております。


お問合せの際は、オディロン・ルドンのどのような作品のご売却をお考えなのか、詳細な情報をお伝え頂くと査定がスムーズに進みますので、あらかじめ情報をまとめてからお問合せ頂けると助かります。
お電話以外にもメールやオンライン査定のお問合せ方法もご用意しておりますので、査定を依頼するオディロン・ルドンの作品の画像を一緒に添付して頂けると、より一層スムーズにお話が進みます。
オディロン・ルドンの作品のご売却なら、査定・見積無料のいわの美術にお任せ下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top