ウィットナー(WITTNAUER)の時計の買取を行っております【2016年買取・新着情報】

0120-226-590 営業時間 9:00~19:00(年中無休)
新着情報

ウィットナー(WITTNAUER)の時計の買取を行っております

2016.4.28

ウィットナー(WITTNAUER)の時計買取ます

いわの美術ではウィットナー(WITTNAUER)の時計の買取を行っております。
ウィットナーはかつてアメリカにあった時計メーカーで、現在はブローバのブランドの一つとなっています。
ウィットナーについては様々な情報が飛び交っていますが、当初はスイスの時計メーカーであるロンジンの廉価品を販売する代理店としてスタートしました。
アルバート・ウイットナーによってスイスの腕時計をアメリカに輸入しようとウィットナー&カンパニーを立ち上げ、アガシズ、アンジェラス、オーデマ・ピゲ、トーションなどを販売していましたが、アメリカが輸入時計に高い税金を課したため、半完成品の時計をスイスから輸入し、アメリカで組立て自社ブランドのケースに入れて販売するようになりました。
この時、「ロンジン・ウイットナー・ウォッチ・カンパニー」と社名変更し、自社ブランドを確立します。
ウィットナーではアメリカ人好みの角金3針モデルやアールデコ調に装飾されたモデルを数多く作り、これらは今でも中古市場を賑わせています。
ジャンク品でも取引が行われているウィットナーの時計はいわの美術でも買取に力を入れております。
ご自宅で眠ったままになっているウィットナーの時計がございましたら、まずは査定・見積り無料のいわの美術までお気軽にご相談下さい。




ウィットナー(WITTNAUER)の時計の買取について

ウィットナーの時計の買取では、動作確認できるものにそれなりのお値段が付けられており、ジャンク品でも程度によっては買取を行っております。
また、人気のクロノグラフは高価買取が期待でき、外箱などの付属品がご一緒であればプラスの評価が付きます。
お問合せの際はどのようなウィットナーの時計なのか、できるかぎりの情報をお伝え頂くと査定がスムーズに進み、メールやオンライン査定の場合、画像を添付していただけると簡易査定を行う事ができます。
また、ウィットナー以外にも買取る事のできる時計は多数ございますので、不要な時計がございましたらご一緒にご相談下さい。


ちなみに古いウィットナーには半完成品を提供した会社の名前と一緒に文字盤に表記されている事もあり、レビュートーメンが提供していた際は「Wittnauer Revue」と文字盤に記載されていました。
こういった部分も評価ポイントの1つとなりますので、忘れずにお伝え下さい。

お問い合わせ・無料査定はこちら

美術店なので美術品、絵画、骨董品、宝飾品、ブランド品なども他店より高価買取!

全国出張買取
宅配買取
出張買取
遺品整理のご案内
はじめての方へ
いわの美術の強み
骨董品・美術品のお役立ち情報
横浜店ブログ
いわの美術の買取専門サイト
お酒買取専門店
茶道具高価買取
骨董品高価買取
着物買取専門店
在庫高価買取
SSL グローバルサインのサイトシール
お問い合わせ・無料査定はこちらPage Top